電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-04-19 14:20
多数のデータ源を配備する多対多マルチキャストツリー構築法
張 善明竹下秀俊慶大)・栗本 崇NTT)・岡本 聡山中直明慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,複数のユーザにリアルタイムで大容量データ配信が可能なネットワークサービスの要望が高まっている.このようなネットワークサービスを実現するために,ネットワークリソースを有効的に利用可能なマルチキャスト通信方式が使用されている.一つのサーバから全ユーザにデータ配信する場合,遅延条件が満たせないという問題があるため,同一データをもつレプリカサーバをネットワーク上に多所に配置し,それぞれ近いレプリカサーバから配信することで遅延条件を満たすことが望まれる.そのため,多対多通信のマルチキャストツリーの構築が重要な課題となる.本稿では,多数のデータ源から最適な多対多通信マルチキャストツリーの構築手法を提案する.本提案は,最適な共有マルチキャストツリーを算出し,ネットワーク全体のコストの最適化を実現する.また,計算機シミュレーションにより,提案方式の有効性を確認する. 
(英) Multicast, which provides an efficient way of disseminating data from a source to all the members in a multicast group, is usually used to solve one-to-many (1:N) communication problem such as transmissions of a multimedia content for many users. As the Internet becomes increasingly popular and the same content or service is distributed in many place, many-to-many (M:N) communication have emerged such as transmission among many sources and destinations. In this paper, we study the M:N communication optimal problem among many the same sources and different destinations, and propose an many-to-many multicast routing approach to address effectively this problem. In the proposal, multiple shared multicast trees are used among many source and destinations. By comparing with a single shared shortest path tree approach, the proof of correctness of the proposal is proved. And at last, the analysis of simulations is also provided.
キーワード (和) マルチキャスト通信 / 多対多 / マルチキャストツリー / ポイントツーポイント / ポイントツーマルチポイント / / /  
(英) Multicast / One-to-Many / Many-to-Many / Multicast Tree / Shortest Path Tree / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 4, NS2013-10, pp. 49-54, 2013年4月.
資料番号 NS2013-10 
発行日 2013-04-11 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2013-04-18 - 2013-04-19 
開催地(和) 輪島商工会議所 
開催地(英) The Wajima Chamber of Commerce and Industry 
テーマ(和) トラヒック、NW評価、性能、リソース管理・制御、トラヒックエンジニアリング、NW信頼性・レジリエンシ、一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource Management/Control, Traffic Engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多数のデータ源を配備する多対多マルチキャストツリー構築法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimal Multiple Shared Multicast Trees for Many-to-Many Multicasting Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチキャスト通信 / Multicast  
キーワード(2)(和/英) 多対多 / One-to-Many  
キーワード(3)(和/英) マルチキャストツリー / Many-to-Many  
キーワード(4)(和/英) ポイントツーポイント / Multicast Tree  
キーワード(5)(和/英) ポイントツーマルチポイント / Shortest Path Tree  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 善明 / Shanming Zhang / チョウ ゼンメイ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 秀俊 / Hidetoshi Takeshita / タケシタ ヒデトシ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗本 崇 / Takashi Kurimoto / クリモト タカシ
第3著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service System Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoru Okamoto / オカモト サトル
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-04-19 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-10 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会