電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-04-18 16:00
高帯域ストリーミングのためのスイッチ内レイテンシの測定
須賀祐太朗寺岡文男金子晋丈慶大NS2013-3
抄録 (和) 大容量映像のストリーミングでは,バックグラウンドトラヒックによるスイッチ内レイテンシの変動がストリーミングの品質に影響を与えることが多いと言われている.
しかしながら,現在のネットワークスイッチにはスイッチ内のレイテンシの変動を計測する機能は存在せず,ストリーミング品質とスイッチ内レイテンシの変動の関係を定量的に考察する試みはなされていない.本研究では,大容量映像ストリーミング時のスイッチ内レイテンシに注目し,スイッチの外部でスイッチ内レイテンシを計測し,リアルタイムに統計処理し,可視化するシステムを開発した.
本システムは,トラヒックに影響を与えないパッシブモニタリング方式を採用している点,柔軟なストリーミングフローの指定が可能な点,リアルタイムのモニタリングが可能な点,可視化されて表示される点に特徴がある.
評価として,中規模のネットワークを構築し,高帯域ストリーミング配信を行い,帯域を変動させながらクロストラヒックを流し,そのときのスイッチ内レイテンシの定量的解析と可視化を行い,動作を確認した. 
(英) One of the Network qualities is a latency variation in a switch.
However the existing network monitoring system does not has any functions to measure a latency variation of a switch in real-time.
In this research, attaching importance of one switch on a streaming path, we developed the system to measure its latency in real time.
We built the middle-scale network and evaluate this system while doing high bandwidth streaming.
Moreover, we send crossing traffic with changing its bind and quantitatively analyze and visualize the influenced latency of the switch real-time.
By this measurement, we found that a certain correlation existed in the binding of crossing traffic and the latency of a switch.
キーワード (和) ネットワーク品質 / スイッチ / レイテンシ / パッシブモニタリング / 可視化 / / /  
(英) network quality / switching / latency / passive monitoring / visualization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 4, NS2013-3, pp. 13-17, 2013年4月.
資料番号 NS2013-3 
発行日 2013-04-11 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-3

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2013-04-18 - 2013-04-19 
開催地(和) 輪島商工会議所 
開催地(英) The Wajima Chamber of Commerce and Industry 
テーマ(和) トラヒック、NW評価、性能、リソース管理・制御、トラヒックエンジニアリング、NW信頼性・レジリエンシ、一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource Management/Control, Traffic Engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高帯域ストリーミングのためのスイッチ内レイテンシの測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization of the latency in a switch for high bandwidth streaming 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワーク品質 / network quality  
キーワード(2)(和/英) スイッチ / switching  
キーワード(3)(和/英) レイテンシ / latency  
キーワード(4)(和/英) パッシブモニタリング / passive monitoring  
キーワード(5)(和/英) 可視化 / visualization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 須賀 祐太朗 / Yutaro Suga / スガ ユウタロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺岡 文男 / Fumio Teraoka / テラオカ フミオ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 晋丈 / Kunitake Kaneko / カネコ クニタケ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-04-18 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-3 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2013-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会