お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-04-18 14:25
高いRF-DC変換効率を実現するレクテナアレーの不等間隔配置法
山口 聡高橋 徹本間幸洋佐々木拓郎小西善彦三菱電機AP2013-8
抄録 (和) 長距離の無線電力伝送が可能な技術として,SPS(Solar Power Satellite)に代表されるマイクロ波電力伝送技術が注目されている.レクテナへの照射分布をエッジレベル10dB程度のガウス分布状とすれば比較的高い空間伝送効率を実現できるが,レクテナのRF-DC変換効率は入力電力に応じて変化するため,レクテナの位置に応じて最適な入力電力を与える必要がある.本報告では,開口中央から外側に向かって徐々にレクテナ素子の占有面積が大きくなるように不等間隔配置することで照射電力密度の不均一性を補う方法を提案する.本手法を用いることにより,高いRF-DC変換効率を実現するレクテナ配列を確定的に設計できる. 
(英) Microwave power transmission system, such as a Solar Power Satellite, is attractive because of its capability of a long-distance wireless power transmission. High space transmitting efficiency can be achieved when the Gaussian distribution with edge level -10dB is illuminated to a rectenna cite. However, because the RF-DC conversion efficiency of rectenna element dependent on input power, it is necessary to optimize input power according to the rectenna position in the aperture. In this paper, it is proposed that a design method of compensating the heterogeneity of illumination power density with enlarging rectenna area gradually toward the outside of the aperture. By using this technique, the rectenna arrangement with high RF-DC conversion efficiency can be designed deterministically.
キーワード (和) レクテナ / RF-DC変換効率 / 不等間隔アレー / / / / /  
(英) Rectenna / RF-DC Conversion Efficiency / Non-Uniform Array / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 3, AP2013-8, pp. 43-47, 2013年4月.
資料番号 AP2013-8 
発行日 2013-04-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2013-8

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-04-18 - 2013-04-19 
開催地(和) 関西学院大 西宮上ケ原キャンパス 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-04-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高いRF-DC変換効率を実現するレクテナアレーの不等間隔配置法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Design Method of Non-Uniform Rectenna Array for High RF-DC Conversion Efficiency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レクテナ / Rectenna  
キーワード(2)(和/英) RF-DC変換効率 / RF-DC Conversion Efficiency  
キーワード(3)(和/英) 不等間隔アレー / Non-Uniform Array  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 聡 / Satoshi Yamaguchi / ヤマグチ サトシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 徹 / Toru Takahashi / タカハシ トオル
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 幸洋 / Yukihiro Homma / ホンマ ユキヒロ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 拓郎 / Takuro Sasaki / ササキ タクロウ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 善彦 / Yoshihiko Konishi / コニシ ヨシヒコ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-04-18 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-8 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.3 
ページ範囲 pp.43-47 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2013-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会