電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-04-18 15:35
制限時間付き大容量ファイルダウンロードのための帯域スケジューリング方式
勝元 健木下和彦阪大)・山井成良岡山大)・村上孝三阪大NS2013-2
抄録 (和) 近年,ネットワークの高速・巨大化に伴い,大容量ファイルのダウンロード要求が増加しているが,これらは一般的にベストエフォートで処理され,ネットワーク状況によってダウンロード完了までの時間に大きな差が生じてしまう.本研究では,帯域保証されたネットワークにおいてユーザが定めた制限時間までにダウンロードを完了させ,それが不可能な要求は棄却するモデルを想定する.このようなモデルにおいて,本研究室では最低限制限時間を満たすだけの帯域よりも多くの帯域を割り当てることにより得られる時間的余裕が大きい要求を優先的に処理することで呼損率を低減する動的帯域割り当て方式を提案している.しかし,この方式では呼損を判断する際に要求発生時のネットワーク状況のみを考慮しており,将来のダウンロード完了によって発生する帯域を考慮していない.そこで,本稿では各ダウンロード要求について将来の制限時刻から割り当て帯域をスケジューリングすることにより,呼損率の低減を目指す帯域スケジューリング方式を提案し,その性能を計算機シミュレーションによって評価した. 
(英) In recent years, large file downloading requests on high-speed and huge computer networks are increasing rapidly.These requests are typically handled in the best-effort manner, which results in unstable completion time.We consider the model where a download request must be completed until its deadline given by a user and rejected if it cannot be satisfied in a bandwidth guaranteed network.In this downloading model, we proposed a dynamic bandwidth assignment method.
It achieves to reduce the blocking probability by giving higher priority to the request which have potential for producing more margins.In this method, however, it is considered only the network situation when assigning bandwidth, and it is not considered the available bandwidth by future downloading completion.In this paper, we propose a bandwidth scheduling method to reduce the blocking probability.The proposed method considers the bandwidth which will be free in the future.Finally, simulation experiments show its exellent performance.
キーワード (和) ファイルダウンロード / 制限時間 / 帯域スケジューリング / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 4, NS2013-2, pp. 7-12, 2013年4月.
資料番号 NS2013-2 
発行日 2013-04-11 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-2

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2013-04-18 - 2013-04-19 
開催地(和) 輪島商工会議所 
開催地(英) The Wajima Chamber of Commerce and Industry 
テーマ(和) トラヒック、NW評価、性能、リソース管理・制御、トラヒックエンジニアリング、NW信頼性・レジリエンシ、一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource Management/Control, Traffic Engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 制限時間付き大容量ファイルダウンロードのための帯域スケジューリング方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Bandwidth Scheduling Method for Large File Downloading with Time Constraint 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ファイルダウンロード /  
キーワード(2)(和/英) 制限時間 /  
キーワード(3)(和/英) 帯域スケジューリング /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 勝元 健 / Ken Katsumoto / カツモト ケン
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 和彦 / Kazuhiko Kinoshita / キノシタ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山井 成良 / Nariyoshi Yamai / ヤマイ ナリヨシ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 孝三 / Koso Murakami / ムラカミ コウソウ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-04-18 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-2 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会