お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-04-18 15:40
LTE-Advanced下りリンクにおける干渉抑圧合成受信器のフィードバック情報に関する検討
佐野洋介大渡裕介寒河江佑太森本彰人奥村幸彦NTTドコモRCS2013-11
抄録 (和) 干渉抑圧合成(IRC: Interference Rejection Combining)受信器は,複数の受信アンテナブランチを用いることにより干渉を抑圧することが可能なため,他セル干渉による影響の大きいセル端ユーザスループットの改善に効果的である.LTE-Advancedにおいて,適応変調符号化(AMC: Adaptive Modulation and Coding),ユーザスケジューリング,及びプリコーディング送信制御を適切に行うために,受信器にて測定した受信品質に基づいた制御情報を基地局へフィードバックする必要がある.基地局では,受信器からフィードバックされた情報に基づき,上記の送信制御を行うため,適切な情報がフィードバックされていない場合は最適な制御が行えず,ユーザスループットが低下することが考えられる.したがって,特にIRC受信器を想定した場合,その干渉抑圧効果を考慮したフィードバック情報を測定する必要がある.本稿では,IRC受信器による干渉抑圧効果を反映したフィードバック情報測定方法について検討する.LTE-Advanced下りリンクの閉ループ型送信ダイバーシチ/MIMO (Multiple-Input Multiple-Output)多重を想定した計算機シミュレーションにより,送受信アンテナブランチ数2かつ無相関MIMOチャネルを仮定し,送信帯域幅で共通の送信ウェイト行列を選択する場合に,従来型のセル間干渉抑圧を行わないMMSE (Minimum Mean Square Error) 受信器と比較して,IRC受信器による干渉抑圧効果が接続セルにおけるプリコーディング用送信ウェイト行列の選択に大きな影響を与えないことを明らかにする.また,IRC受信器の干渉抑圧効果を考慮した受信品質が測定できない場合,AMC及び送信ストリーム数制御が適切に行えないため, MMSE受信器と比較してスループットの改善効果は得られるものの,IRC受信器による干渉抑圧効果を考慮した受信品質測定時と比較して,その改善効果は劣化することを明らかにする. 
(英) The interference rejection combining (IRC) receiver, which can suppress inter-cell interference, is effective in improving the cell edge user throughput. In LTE/LTE-Advanced, each receiver need to feed back control information to eNodeB, which is based on measured channel quality, in order to perform adaptive modulation and coding (AMC), user scheduling, and precoding transmission at eNodeB. When appropriate control information for each receiver is not fed back to eNodeB, user throughput may be degraded. This is because the eNodeB performs transmission controls based on the feedback information. Therefore, especially for the IRC receiver, it is necessary to measure the information including the effect of interference suppression. Thus, this paper investigates measuring method of the feedback information for the IRC receiver assuming closed-loop transmit diversity/MIMO (multiple-input multiple-output) multiplexing in LTE/LTE-Advanced downlink. The simulation results assuming two transmitter/receiver antenna branches and uncorrelated channel show that the effect of interference suppression for the IRC receiver does not affect the precoding matrix selection when selecting common precoding matrix for transmission bandwidth. Furthermore, even when the IRC receiver that measures the feedcannot measure the feedback information appropriately, the user throughput improves compared to the conventional MMSE receiver that cannot suppress the interference. However, when comparing the IRC receiver that can measure the feedback information appropriately, it is shown that the user throughput improvement degrades due to incorrect feedback information.
キーワード (和) LTE-Advanced / 干渉抑圧合成受信 / セル間干渉 / フィードバック情報 / / / /  
(英) LTE-Advanced / interference rejection combining / inter-cell interference / feedback information / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 8, RCS2013-11, pp. 61-66, 2013年4月.
資料番号 RCS2013-11 
発行日 2013-04-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-11

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-04-18 - 2013-04-19 
開催地(和) 石垣市民会館 
開催地(英) Ishigaki City Hall 
テーマ(和) 無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Radio Access Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advanced下りリンクにおける干渉抑圧合成受信器のフィードバック情報に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation on Feedback Information for Interference Rejection Combining Receiver in LTE-Advanced Downlink 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(2)(和/英) 干渉抑圧合成受信 / interference rejection combining  
キーワード(3)(和/英) セル間干渉 / inter-cell interference  
キーワード(4)(和/英) フィードバック情報 / feedback information  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 洋介 / Yousuke Sano / サノ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大渡 裕介 / Yusuke Ohwatari / オオワタリ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寒河江 佑太 / Yuta Sagae / サガエ ユウタ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 彰人 / Akihito Morimoto / モリモト アキヒト
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-04-18 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-11 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会