お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-04-12 11:05
ガードトレースへの周期構造導入によるコモンモード放射抑制と信号品質維持の両立
寺井優帆豊田啓孝五百旗頭健吾岡山大)・渡辺哲史岡山県工技センターEMCJ2013-1
抄録 (和) プリント回路基板の帰路面端に信号線が近づくことで生じるコモンモードの抑制手法として, ガードトレースは有効である. これまでの研究ではコモンモード放射の抑制にのみ着目していたが, ガードトレースが信号線に近づくことでクロストークが大きくなり信号品質の劣化を引き起こす. そこで, 放射抑制効果を維持しつつ信号品質の劣化を抑えるため, 本報告ではガードトレースへの周期構造導入を提案する. 周期パターンを変化させた複数のテスト基板を作製し, 透過特性とアイパターン, そして, コモンモード放射量を実測とシミュレーションにより評価した. その結果, 周期構造導入により信号品質維持の効果が見られ, パターン周期を小さくすることで高周波まで効果の及ぶことを確認した. さらに, 周期構造導入によるコモンモード放射抑制効果の低下はかなり小さいことを確認した. 
(英) The guard trace is effective as a method for suppressing common-mode generation caused by placing a signal trace close to the return edge on a printed circuit board. Our previous study on the guard trace focused only on reducing common-mode radiation, but the guard trace close to the signal line increases crosstalk to deteriorate signal integrity. In this paper, we propose a guard trace with a periodic structure for simultaneously reducing common-mode radiation and maintaining signal integrity. Several test boards with different period patterns were evaluated by measurement and simulation from the viewpoint of transmission coefficient, eye pattern, and common-mode radiation. As a result, it was found that the guard trace with the periodic structure helped reducing common-mode radiation and maintaining signal integrity. Especially, smaller period contributed to maintenance of signal integrity at higher frequencies.
キーワード (和) ガードトレース / コモンモード放射 / 信号品質 / 周期構造 / / / /  
(英) Guard trace / Common-mode radiation / Signal integrity / Periodic structure / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 2, EMCJ2013-1, pp. 1-6, 2013年4月.
資料番号 EMCJ2013-1 
発行日 2013-04-05 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2013-1

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2013-04-12 - 2013-04-12 
開催地(和) 岡山大 
開催地(英) Okayama Univ. 
テーマ(和) PCB,情報セキュリティ,EMC, 一般 
テーマ(英) PCM,Information Security,EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2013-04-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ガードトレースへの周期構造導入によるコモンモード放射抑制と信号品質維持の両立 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Redection in common-mode radiation and maintenance of signal integrity by adding guard trace with periodic structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ガードトレース / Guard trace  
キーワード(2)(和/英) コモンモード放射 / Common-mode radiation  
キーワード(3)(和/英) 信号品質 / Signal integrity  
キーワード(4)(和/英) 周期構造 / Periodic structure  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺井 優帆 / Yuho Terai / テライ ユウホ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 啓孝 / Yoshitaka Toyota / トヨタ ヨシタカ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 五百旗頭 健吾 / Kengo Iokibe / イオキベ ケンゴ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 哲史 / Tetsushi Watanabe / ワタナベ テツシ
第4著者 所属(和/英) 岡山県工業技術センター (略称: 岡山県工技センター)
Industrial Technology Center of Okayama Prefecture (略称: Industrial Technology Center of Okayama Prefecture)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-04-12 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2013-1 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2013-04-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会