電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-25 14:55
UUIDに着目したリモートエクスプロイト攻撃のネットワークベースの分類
高橋佑典横浜国大)・神薗雅紀星澤裕二セキュアブレイン)・吉岡克成松本 勉横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マルウェアに感染する原因として,ネットワークサービスの脆弱性を突くリモートエクスプロイト攻撃によるものがある.リモートエクスプロイト攻撃はWindowsのファイル共有サービスを狙うものが特に多いが,複数のサービスが同一ポートで使用されるため,ネットワークベースで攻撃対象のサービスや脆弱性を特定することが難しい.そこで本研究では,リモートホストのサービスを呼び出す際に使用されるUUIDに着目して,これによりリモートエクスプロイト攻撃を分類する手法を提案する.実マルウェア検体やハニーポットトラヒックを用いた評価実験に基づき,UUIDを用いて攻撃対象サービスを特定する提案手法は,攻撃分類の精度を上げられることを示す. 
(英) Remote exploit attacks, which target vulnerabilities of network services, is the class of most common attacks utilized in cyber attacks. In particular, Windows file sharing services have contained a series of vulnerabilities, which have been exploited by many malware. Because various services are sharing the same port numbers for file sharing, it is difficult to identify the targeted vulnerabilities at network level.
In this study, we propose a network-based classification method for remote exploit attacks by focusing on UUID, which is used by the file sharing services to identify the intended service, observed in the attack traffic. By conducting experiments with in-the-wild malware samples and honeypot traffics, we show that we can provide better classification of such network attacks.
キーワード (和) リモートエクスプロイト攻撃 / シェルコード分析 / ファイル共有サービス / 脆弱性特定 / / / /  
(英) Remote Exploit Attack / Shellcode Analysis / File Sharing Service / Vulnerability Identification / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 499, ICSS2012-65, pp. 49-54, 2013年3月.
資料番号 ICSS2012-65 
発行日 2013-03-18 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2013-03-25 - 2013-03-25 
開催地(和) 横浜国立大学 
開催地(英) Yokohama National University 
テーマ(和) 通信セキュリティ,一般 
テーマ(英) Communication Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2013-03-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UUIDに着目したリモートエクスプロイト攻撃のネットワークベースの分類 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network-based classification of remote exploit attacks focusing on UUID 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リモートエクスプロイト攻撃 / Remote Exploit Attack  
キーワード(2)(和/英) シェルコード分析 / Shellcode Analysis  
キーワード(3)(和/英) ファイル共有サービス / File Sharing Service  
キーワード(4)(和/英) 脆弱性特定 / Vulnerability Identification  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 佑典 / Yusuke Takahashi / タカハシ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神薗 雅紀 / Masaki Kamizono / カミゾノ マサキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社セキュアブレイン先端技術研究所 (略称: セキュアブレイン)
Advanced Research Laboratory, Securebrain Corporation (略称: Securebrain)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 星澤 裕二 / Yuji Hoshizawa / ホシザワ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 株式会社セキュアブレイン先端技術研究所 (略称: セキュアブレイン)
Advanced Research Laboratory, Securebrain Corporation (略称: Securebrain)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 克成 / Katsunari Yoshioka / ヨシオカ カツナリ
第4著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto / マツモト ツトム
第5著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-25 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2012-65 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2013-03-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会