お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 13:00
[特別講演]数式や図式を含む文書の認識と理解 ~ そのニーズと課題 ~
鈴木昌和サイエンス・アクセシビリティ・ネットPRMU2012-214
抄録 (和) 科学的なコンテンツを含む文書には数式や図式が多用されており、通常のOCRソフトウェアでは十分な認識処理が出来ない。特に数式認識については多くの研究論文はあるものの、実用ソフトウェアとして公開された例は極めて少ない。講演では始めに、数式認識は市場規模は小さいものの必要としている人達には切実なニーズがある事情を説明し、筆者らがこれまでに開発してきた科学文書用の認識システムの現状をデモを交えて紹介する。次に、数式認識を実用化させる為に欠かせない文字の誤認識に強い数式構造解析を実現するために筆者らが取った手法を概説する。最後に、一つは現在EUで進められている次世代数学電子ライブラリープロジェクト(EuDML)での数学論文誌電子化の現場から、もう一つは視覚障害者や発達障害者のための数学や理科のマルチメディア電子教科書・教材や点字教材製作の現場から、喫緊の技術課題をいくつか述べる。 
(英) OCR process for scientific documents requires special treatment by the existence of mathematical expressions and graphical diagrams. Although we can find many research papers related to mathematical formula recognition in the literature today, there are very few OCR software released having the capability of mathematical formula recognition. In the lecture, after pointing out that there are special non-commercial but serious needs for mathematical formula recognition, we present the current state of our OCR system for scientific documents with demonstration. Then, our strategy to realize stable structure analysis of math expressions against miss-recognition of characters and symbols is briefly sketched. Finally, several problems will be presented as hot subjects of research, in one hand, from the viewpoint of large scale of digitization of mathematical journals and, in another hand, from accessibility technology fields such as the scene of the production of multimedia school text books or Braille texts for visually impaired or dyslexic students.
キーワード (和) 数式認識 / 科学文書用OCR / 論文誌電子化 / アクセシビリティー / マルチメディア教材 / / /  
(英) mathematical formula recognition / OCR for scientific documents / digitization of journals / accessibility / multimedia text books / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 495, PRMU2012-214, pp. 205-206, 2013年3月.
資料番号 PRMU2012-214 
発行日 2013-03-07 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2012-214

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2013-03-14 - 2013-03-15 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 文字・文書の認識と理解およびアルゴリズム・システム評価 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2013-03-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 数式や図式を含む文書の認識と理解 
サブタイトル(和) そのニーズと課題 
タイトル(英) Mathematical Document Recognition and Understanding 
サブタイトル(英) Needs and Problems 
キーワード(1)(和/英) 数式認識 / mathematical formula recognition  
キーワード(2)(和/英) 科学文書用OCR / OCR for scientific documents  
キーワード(3)(和/英) 論文誌電子化 / digitization of journals  
キーワード(4)(和/英) アクセシビリティー / accessibility  
キーワード(5)(和/英) マルチメディア教材 / multimedia text books  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 昌和 / Masakazu Suzuki / スズキ マサカズ
第1著者 所属(和/英) NPOサイエンス・アクセシビリティ・ネット (略称: サイエンス・アクセシビリティ・ネット)
NPO Science Accessibility Net (略称: Science Accessibility Net)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 13:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2012-214 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.495 
ページ範囲 pp.205-206 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-PRMU-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会