電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 11:10
mSCTPを用いた広域ライブマイグレーション後の性能劣化防止策
小峰瞭芽栗林伸一成蹊大ICM2012-69
抄録 (和) クラウドコンピューティング環境においては、サーバ資源の効率的利用、動的な負荷分散、障害時の迅速な復旧が求められ、その対策の1つとして仮想マシンのライブマイグレーション技術が注目を浴びている。
本稿では、ファイル転送などTCP手順を用いて大量のデータをやり取りするサービスが主な対象に、(仮想マシンの広域ライブマイグレーションそのものの性能劣化ではなく)仮想マシン移動後にネットワーク遅延増などに伴う通信性能劣化を防止する方式を提案する。具体的には、仮想マシン移動後にネットワーク遅延が大幅に増加することが想定される場合には、ネットワーク側でWAN高速化装置を動的に挿入することで通信性能劣化を防ぐ。これにより、ライブマイグレーションの活用範囲を一層拡大させることが期待できる。現状のWAN高速化装置を利用するためにはTCPコネクションの新たな設定が必要であり、mSCTPをベースに移動前と移動後で別TCPコネクションを利用したデータ転送を行うことを提案する。さらに、ライブマイグレーションに必要な設定が他の仮想化システムに比べて複雑でないVirtualBoxを前提に実施した動作確認の結果、提案方式は広域ライブマイグレーション後の通信性能劣化を回避できることを示す。なお、仮想マシンの広域ライブマイグレーションそのものの性能は今回対象外とする。 
(英) Migration of virtual machines over a wide area can solve many problems such as load balancing and power saving in cloud computing environments. This paper proposes to dynamically apply WAN accelerator within the network when a virtual machine is moved to a distant center, in order to prevent the degradation in performance after live migration of virtual machines over a wide area. The mSCTP-based data transfer using different TCP connections before and after migration is proposed in order to use a currently available WAN accelerator. Assuming VirtualBox for a virtualization system, the operation of the proposed method is verified and it is demonstrated that it can prevent degradation in communication performance after migration of virtual machines. This paper does not consider the performance degradation of live migration itself.
キーワード (和) 広域ライブマイグレーション / mSCTP / WAN高速化 / / / / /  
(英) Live migration / mobile SCTP / WAN optimization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 492, ICM2012-69, pp. 59-64, 2013年3月.
資料番号 ICM2012-69 
発行日 2013-03-07 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2012-69

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2013-03-14 - 2013-03-15 
開催地(和) 屋久島環境文化村センター 
開催地(英) Yakushima Environmental Culture Village Center 
テーマ(和) エレメント管理、管理機能、理論・運用方法論、および一般 
テーマ(英) Element Management, Management Functionalities, Operations and Management Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2013-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) mSCTPを用いた広域ライブマイグレーション後の性能劣化防止策 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Avoiding performance degradation after wide-area live migration of virtual machines with mSCTP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広域ライブマイグレーション / Live migration  
キーワード(2)(和/英) mSCTP / mobile SCTP  
キーワード(3)(和/英) WAN高速化 / WAN optimization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小峰 瞭芽 / Ryouga Komine / コミネ リョウガ
第1著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 伸一 / Shin-ichi Kuribayashi / クリバヤシ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2012-69 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.492 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会