お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 14:50
Global Social Service Networkを使ってWorkflow-as-a-ServiceのためのWeb-Scale Functional Mapを構成
田代哲也陳 武輝白 寅天会津大
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Web services has been considered to have a tremendous impact on the web, as a potential silver bullet for supporting distributed service-based economy at a global scale. However, despite the outstanding progress their uptake on a Web-scale has been significantly less prominent than initially anticipated. The main reasons are summarized as following: “Homepage-service” era has hampered service discovery and service composition. To solve this problem, we provide a new approach for automatic service composition based on social link. We propose global social service network which is constructed by linking services based on relationship between services. We define web-scale functional map to composite service based on the global social service network using social link.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 497, SC2012-20, pp. 19-24, 2013年3月.
資料番号 SC2012-20 
発行日 2013-03-08 (SC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SC  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 国立情報学研究所 (NII) 
開催地(英)  
テーマ(和) 「サービスおよびクラウドのQoS・SLA・ポリシー」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SC 
会議コード 2013-03-SC 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Global Social Service Networkを使ってWorkflow-as-a-ServiceのためのWeb-Scale Functional Mapを構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Constructing Web-Scale Functional Map on Global Social Service Network for Workflow-as-a-Service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田代 哲也 / Tetsuya Tashiro / タシロ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: Univ. of Aizu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 武輝 / Wuhui Chen / ウヘイ チェン
第2著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: Univ. of Aizu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白 寅天 / Incheon Paik / インチョン ペク
第3著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
University of Aizu (略称: Univ. of Aizu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 14:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SC 
資料番号 IEICE-SC2012-20 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.497 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SC-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会