電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 09:00
[招待講演]手の痛みと認知神経ロボティクス
住谷昌彦東大)・宮内 哲NICT)・熊谷晋一郎相宅玲志東大)・吉川雅弘松本吉央産総研)・山田芳嗣東大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 慢性疼痛患者の診療で、我々は鏡や視野偏位プリズム順応などを用いた神経リハビリテーション治療を通じて慢性疼痛は知覚-運動協応の破綻が基盤となっていることを明らかにした。さらに、ヒト型ロボットを用いて慢性疼痛患者の運動障害をシミュレートし、知覚-運動障害をモデル化した。我々の脳には、生体の危険を知らせる警告(痛み)を周囲に居る仲間と共有するための神経システムが備わっている(共感: empathy)。ヒト表情を再現したヒト型ロボットが患者の訴えに傾聴し共感を示すことの治療的意義を検証した。本発表では、我々が手の痛みの診療で取り組んでいる認知神経ロボティクス研究を紹介する。 
(英) In our clinical settings, we treat pathologic pain patients with neuro-rehabilitation strategies such as mirror visual feedback and prism adaptation to optical deviation. On the basis of these treatment experiences, we have revealed that pathologic pain is derived from incongruent sensorimotor integration. Pathologic pain patients sometimes show motor disturbance of the affected limb, however, the underlying pathological mechanism(s) of the motor disturbance is still unclear. Aiming to solving this problem, we now use a humanoid robot (Nao®) and make the robot simulate the motor disturbance of the goal-directed movement. As a result, our findings suggest that pathologic pain patients impair motor representation of the affected limb in the brain. Further, the intimate relationship between pain and empathy are well-known. Using this empathy property to treat pathologic pain patients, we now use a humanoid robot who shows a human-lady appearance, in the examination room. The humanoid performs nodding to the attending physician or a patient. Our finding suggests that the bystander of the humanoid might be useful for treating pathologic pain.
キーワード (和) 病的疼痛 / 認知神経ロボティクス / 運動表象 / 共感 / / / /  
(英) pathological pain / cognitive robotics / motor representation / empathy / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 483, HIP2012-87, pp. 69-69, 2013年3月.
資料番号 HIP2012-87 
発行日 2013-03-06 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2013-03-13 - 2013-03-14 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) okinawa-sangyoushien center 
テーマ(和) 力触覚の計算,手,一般 
テーマ(英) Haptics, Hand, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2013-03-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 手の痛みと認知神経ロボティクス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pain in the hand and Cognitive Neuro-Robotics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 病的疼痛 / pathological pain  
キーワード(2)(和/英) 認知神経ロボティクス / cognitive robotics  
キーワード(3)(和/英) 運動表象 / motor representation  
キーワード(4)(和/英) 共感 / empathy  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 住谷 昌彦 / Masahiko Sumitani / スミタニ マサヒコ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮内 哲 / Satoru Miyauchi / ミヤウチ サトル
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 晋一郎 / Shinichiro Kumagaya / クマガヤ シンイチロ得
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 相宅 玲志 / Reishi Ooya / オオヤ レイシ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 雅弘 / Masahiro Yoshikawa / ヨシカワ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 吉央 / Yoshio Matsumoto / マツモト ヨシオ
第6著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 芳嗣 / Yoshitsugu Yamada / ヤマダ ヨシツグ
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 09:00:00 
発表時間 45 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2012-87 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 p.69 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-HIP-2013-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会