お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 16:05
3つのスパイキングニューロンによるリング結合時のダイナミクスについて
柴田 翔松岡祐介米子高専NLP2012-157
抄録 (和) 本稿では3つのスパイキングニューロンによるパルス結合系を考察する。同ニューロンのダイナミクスは自己発火と強制発火を繰り返し、出力スパイクにより相互結合を行う。リング結合状態において、系は多彩な周期・非周期現象を呈する。特にわずかなパラメータの変化でも現象が移り変わる。これらの現象を数値実験により確認した。また2次元マップを定義し、分岐現象の考察を行った。最後に回路実装を行い、代表的な現象を確認した。 
(英) This report considers a pulse-coupled system by three spiking neurons.
The dynamics of the neuron repeats self or compulsive firing and mutual coupling is realized by outputs of the spikes. On ring combination, the system exhibits various periodic and nonperiodic phenomena. These phenomena are changed into others as the parameter varies slightly. We confirm these phenomena, using numerical simulations. Also, we define a two dimensional map and consider the bifurcation phenomena. Finally, we verify typical phenomena, using a test circuit.
キーワード (和) スパイキングニューロン / スパイク列 / 発火 / パルス結合系 / リング結合 / / /  
(英) Spiking neuron / Spike-train / Firing / Pulse-coupled system / Ring coupling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 487, NLP2012-157, pp. 67-72, 2013年3月.
資料番号 NLP2012-157 
発行日 2013-03-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2012-157

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2013-03-14 - 2013-03-15 
開催地(和) 千葉大学 西千葉キャンパス 
開催地(英) Nishi-Chiba campus, Chiba Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2013-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3つのスパイキングニューロンによるリング結合時のダイナミクスについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The dynamics on ring combination of three spiking neurons 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スパイキングニューロン / Spiking neuron  
キーワード(2)(和/英) スパイク列 / Spike-train  
キーワード(3)(和/英) 発火 / Firing  
キーワード(4)(和/英) パルス結合系 / Pulse-coupled system  
キーワード(5)(和/英) リング結合 / Ring coupling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 翔 / Sho Shibata / シバタ ショウ
第1著者 所属(和/英) 米子工業高等専門学校 (略称: 米子高専)
Yonago National College of Tecgnology. (略称: Yonago National College of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 祐介 / Yusuke Matsuoka / マツオカ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 米子工業高等専門学校 (略称: 米子高専)
Yonago National College of Tecgnology. (略称: Yonago National College of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-157 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.487 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会