電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 13:50
音声対話における親密度と話し方の関係
中里 収大城裕志名桜大)・菊池英明早大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では,人の話し方は親密度によってどのように変化するのかを調べた.評価に使用するデータとして,大学生の初対面の時の対話データ(低親密度)と知り合って6ヶ月後の対話データ(高親密度)の2種類の対話データを準備した.その後,3ペアの話者に対して評価実験を行い,被験者が話し方の印象を評価し,4つの因子「快活さ」「好ましさ」「話し上手」「速さ感」を抽出した.初対面の時の話し方の印象と,知り合って半年経過した時の話し方の印象を比較した結果,低親密度のデータでは話し相手にかかわらず因子ごとの得点は同じ傾向になり,親密度が高くなると話し相手によって得点が変化した.特に,親密度が高くなると「話し上手」因子の得点が高くなる傾向が見られた. 
(英) In this study, we analyzed the change of manner of speech with the level of intimacy. For our experiments, we collected two kinds of dialogue data: the initial meeting dialogue data we called "low intimacy" and that after six months we called "high intimacy". In our experiments, subjects listened to the dialogue of three pairs of speakers, and evaluated their impressions of the manner of speech through a questionnaire. Analyzing the results, we extracted four significant factors: ”Liveliness”, ”Pleasantness”, ”Fluency” and “Speed”.
Comparing the factor scores for the low intimacy dialogues with the high intimacy dialogues, we found similar results for different partners in the low intimacy dialogues, butdifferent factor scores for different partners in the high intimacy dialogues. In particular, the fluency score increased in the dialogues after six months.
キーワード (和) 音声対話 / 話し方 / 印象評価 / 因子分析 / 親密度 / / /  
(英) spoken dialogue / manner of speech / evaluation of impression / factor analysis / level of intimacy / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 483, HIP2012-96, pp. 109-114, 2013年3月.
資料番号 HIP2012-96 
発行日 2013-03-06 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2013-03-13 - 2013-03-14 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) okinawa-sangyoushien center 
テーマ(和) 力触覚の計算,手,一般 
テーマ(英) Haptics, Hand, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2013-03-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声対話における親密度と話し方の関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Relationship between the Level of Intimacy and Manner of Speech 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声対話 / spoken dialogue  
キーワード(2)(和/英) 話し方 / manner of speech  
キーワード(3)(和/英) 印象評価 / evaluation of impression  
キーワード(4)(和/英) 因子分析 / factor analysis  
キーワード(5)(和/英) 親密度 / level of intimacy  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中里 収 / Shu Nakazato / ナカザト シュウ
第1著者 所属(和/英) 名桜大学 (略称: 名桜大)
Meio University (略称: Meio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大城 裕志 / Yuji Oshiro / オオシロ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 名桜大学 (略称: 名桜大)
Meio University (略称: Meio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 英明 / Hideaki Kikuchi / キクチ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2012-96 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2013-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会