お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 10:00
Text Detection based on Adaptive Edge Detection and its Application for Transparent Text Extraction
Xinhao LiuTokyo Inst. of Tech./Rakuten)・Naoki ChibaRakutenPRMU2012-182
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) We propose methods for detecting and extracting transparent texts in natural scenes.
First, we developed an adaptive edge detection method for finding connected components, even in low contrast images, which is common among transparent texts.
Then the components are analyzed using the designed text-specific features, followed by character grouping into lines and word separation.
We also developed a method for extracting transparent text, while preserving image contents, once their locations are detected.
Experiments show the effectiveness of our adaptive edge detection method and our transparent text extraction.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) transparent text detection / adaptive edge / stroke width transform / text extraction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 495, PRMU2012-182, pp. 13-18, 2013年3月.
資料番号 PRMU2012-182 
発行日 2013-03-07 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2012-182

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2013-03-14 - 2013-03-15 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 文字・文書の認識と理解およびアルゴリズム・システム評価 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2013-03-PRMU 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Text Detection based on Adaptive Edge Detection and its Application for Transparent Text Extraction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / transparent text detection  
キーワード(2)(和/英) / adaptive edge  
キーワード(3)(和/英) / stroke width transform  
キーワード(4)(和/英) / text extraction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 新豪 / Xinhao Liu / リウ シンハオ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学/楽天株式会社 (略称: 東工大/楽天)
Tokyo Institute of Technology/Rakuten, Inc. (略称: Tokyo Inst. of Tech./Rakuten)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 直樹 / Naoki Chiba / チバ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 楽天株式会社 (略称: 楽天)
Rakuten, Inc. (略称: Rakuten)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2012-182 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.495 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会