電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 09:40
複数メンバの同時離脱に対するグループ暗号鍵の更新
堀池 聡兵庫大ICM2012-59
抄録 (和) 安全なグループ通信を行うには,グループ内のメンバで暗号鍵を共有して通信を暗号化する.グループからメンバが離脱するときには暗号鍵を更新する必要があり,代表的な更新手法にフラット鍵と呼ばれる補助鍵を用いた方式がある.この方式は1個の離脱に対して効率的であるが,複数メンバが同時に離脱する時に,処理が複雑になる.本稿ではフラット鍵を階層鍵に変換する考え方を採用し,更新が必要となる鍵の数をできる限り少なくする変換手法を提案する. 
(英) The contents of group communication must be encrypted to prevent access by nodes outside the group. The keys used for the encryption should be managed to allow changes in group members. This paper describes a method to update these keys when multiple members leave the group simultaneously. With the proposed method, flat keys are transformed into hierarchical keys in order to decrease the number of keys to be updated.
キーワード (和) グループ通信 / 暗号 / 鍵管理 / フラット鍵 / 階層鍵 / / /  
(英) Group Communication / Encryption / Key Management / Flat Key / Hierarchical Key / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 492, ICM2012-59, pp. 1-6, 2013年3月.
資料番号 ICM2012-59 
発行日 2013-03-07 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2012-59

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2013-03-14 - 2013-03-15 
開催地(和) 屋久島環境文化村センター 
開催地(英) Yakushima Environmental Culture Village Center 
テーマ(和) エレメント管理、管理機能、理論・運用方法論、および一般 
テーマ(英) Element Management, Management Functionalities, Operations and Management Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2013-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数メンバの同時離脱に対するグループ暗号鍵の更新 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Updating Group Encryption Key for Removing Multiple Members 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グループ通信 / Group Communication  
キーワード(2)(和/英) 暗号 / Encryption  
キーワード(3)(和/英) 鍵管理 / Key Management  
キーワード(4)(和/英) フラット鍵 / Flat Key  
キーワード(5)(和/英) 階層鍵 / Hierarchical Key  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀池 聡 / Satoshi Horiike /
第1著者 所属(和/英) 兵庫大学 (略称: 兵庫大)
Hyogo University (略称: Hyogo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2012-59 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.492 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会