電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 16:50
インビジブルスレッドを用いた不可視駆動システムの開発
福島 明赤羽克仁佐藤 誠東工大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では,目に見えないほど細い糸を用いて,テーブルトップ型ディスプレイ上に置かれた物体を動かすシステムを開発した.
この極細の糸を制御し,画面に映し出されるキャラクターの動作に合わせて物体を動かすことで,あたかもバーチャルがリアルを動かしているような驚きを作り出すことができる.
糸は画面の上に張り,それをモータで制御して画面上の物体を動かす.
そうすることで,動かす物体に対する制約を低減することができる.
このシステムの応用例として,バーチャル物体を実物体が追いかけると,実物体が逃げ出すというコンテンツを制作した.
本研究は,駆動の仕組みを隠し,より大きな驚きを演出することで,メディアアート作品へ応用することができる. 
(英) The aim of this research is moving real object on the tabletop display using the strings which is too thin to be apparent.
Today, in the discipline of mixed reality, it is often the case that real world control virtual world.
In order that we give users a surprise, the virtual object moves the real object using the thin strings.
This illusion is achieved to control that strings via motors.
That strings catch and move the object; therefore the real object seems to move without physical contact.
This method is utilized the media art, interactive art, and mixed reality hiding this device.
キーワード (和) 複合現実感 / インタラクティブアート / インビジブルスレッド / テーブルトップ型ディスプレイ / / / /  
(英) mixed reality / interactive art / invisible threads / tabletop display / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 483, HIP2012-104, pp. 155-160, 2013年3月.
資料番号 HIP2012-104 
発行日 2013-03-06 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2013-03-13 - 2013-03-14 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) okinawa-sangyoushien center 
テーマ(和) 力触覚の計算,手,一般 
テーマ(英) Haptics, Hand, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2013-03-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インビジブルスレッドを用いた不可視駆動システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Development for an Object Driving System Using "Invisible Threads" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複合現実感 / mixed reality  
キーワード(2)(和/英) インタラクティブアート / interactive art  
キーワード(3)(和/英) インビジブルスレッド / invisible threads  
キーワード(4)(和/英) テーブルトップ型ディスプレイ / tabletop display  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 明 / Akira Fukushima / フクシマ アキラ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤羽 克仁 / Katsuhito Akahane / アカハネ カツヒト
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 誠 / Makoto Sato / サトウ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 16:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2012-104 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2013-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会