電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 10:20
ISP連携に基づくドメイン間オーバレイネットワーク
ショウ シュン長谷川 剛谷口義明中野博隆阪大ICM2012-61
抄録 (和) 近年の研究によって、現在のインターネットにおける標準なドメイン間ルーチングプロトコルであるBGPでは、エンド端末間のネットワーク性能を最適するものではないことが明らかになっている。その主な原因は、BGPにおける経路を決定する指標と課金体系にある。その問題に対して、本研究では、ISP連携に基づくドメイン間オーバレイネットワークを提案する。提案手法では、ISP連携におけるドメイン間オーバレールーチング手法とそれに応じた新な課金体系を導入する。また、ISPが経済利益を最大化できる料金を簡易に導出する手法を提案する。数値実験によって、提案した料金計算手法の正確性と収束性を確認した。 
(英) Recent research found that the standard interdomain routing protocol in today's Internet, BGP, is not optimal in end-to-end performance metrics, due to both technical and economic reasons. We therefor propose an interdomain overlay network based on ISP alliance. For the ISP alliance, we introduce interdomain overlay routing and corresponding charging systems which are different from BGP. With our proposal, not only interdomain routing performance can be improved, but also ISPs' economic interests can be optimized. We also give the method for ISPs in the ISP alliance to obtain the optimal prices which can maximize their revenue. With numerical experiments, we show the correctness and convergence of the pricing method.
キーワード (和) BGP / ドメイン間ルーチング / オーバレールーチング / 課金 / / / /  
(英) BGP / interdomain routing / overlay routing / charging / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 492, ICM2012-61, pp. 13-18, 2013年3月.
資料番号 ICM2012-61 
発行日 2013-03-07 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2012-61

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2013-03-14 - 2013-03-15 
開催地(和) 屋久島環境文化村センター 
開催地(英) Yakushima Environmental Culture Village Center 
テーマ(和) エレメント管理、管理機能、理論・運用方法論、および一般 
テーマ(英) Element Management, Management Functionalities, Operations and Management Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2013-03-ICM 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ISP連携に基づくドメイン間オーバレイネットワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Interdomain Overlay Network Based on ISP Alliance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BGP / BGP  
キーワード(2)(和/英) ドメイン間ルーチング / interdomain routing  
キーワード(3)(和/英) オーバレールーチング / overlay routing  
キーワード(4)(和/英) 課金 / charging  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ショウ シュン / Xun Shao / ショウ シュン
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa / ハセガワ ゴウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 義明 / Yoshiaki Taniguchi / タニグチ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 博隆 / Hirotaka Nakano / ナカノ ヒロタカ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2012-61 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.492 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会