電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 17:15
自律分散セッションステートマイグレーションによる需要変動に応じたサーバ制御の検討
臼井 健地引昌弘NICT)・作元雄輔首都大東京)・高野知佐広島市大)・会田雅樹首都大東京)・西永 望NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) サーバを省電化のために最適に集約する技術が注目されている。一般にサービスに対するアクセスは、オン・オフピーク時で、大きな隔たりがあり、需要に応じてサーバ台数を増減させ、省電力化やリソースの有効活用のため台数を最適化することが望まれている。筆者らは通信に関わる情報であるセッション情報を移設すること通信断を発生させずクライアントが接続するサーバを別のIPアドレスを持つサーバへ切り替えるセッションステートマイグレーション(以下、SSM)を提案している。SSMにより、通信断を発生させずサーバ台数を需要に応じて制御できるが、多数のサーバが存在する環境でサーバを制御する際、最適にサーバを集約、増設できるかという課題がある。本稿では、多数のサーバを管理するネットワークで、局所的な情報共有だけに基づく自律的判断で、SSMを活用し最適にサーバの集約や増設をする方法を提案する。隣接するサーバ同士がセッション情報数を自律分散的に交換し、動的にセッション情報を移設するグループを作成し、サーバ集約や、増設時に各サーバのセッション情報数を平滑化する手順を示す。また、自律分散制御により形成されたグループ内のセッション情報の平滑化について、提案方式の有効性をシミュレーションにより示す。 
(英) Optimal server consolidation is attracting attention for energy saving. The service access increases or decreases in number depending on the on-peak or off-peak. Optimally increasing or decreasing the number of servers to the demand fluctuation is desired for the energy saving and utilizing the resources. We have proposed session state migration architecture (SSM), which switches over the connection between the server and client without disrupting the communication by relocating session states from one server to another. The SSM enables us to increase or decrease the number of servers to the demand fluctuation without disrupting the communication. In the network managing a large amount of servers by the SSM, this paper proposes the method for the server configuration to increase or decrease the number of servers based on the autonomous decision from the locally shared information. In the proposed method, the number of session states is autonomously exchanged between the adjacent servers, and the groups for dynamically relocating the session states are created. This paper shows the procedures to consolidate the servers and to equalize the number of session states kept by the servers. A simulation shows the evenness of the number of session states among the groups created by the autonomous decentralized control.
キーワード (和) 自律分散 / セッションステートマイグレーション / 需要変動 / 新世代ネットワーク / / / /  
(英) Autonomous / Session state migration / Demand fluctuation / New Generation Network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 489, IA2012-98, pp. 133-138, 2013年3月.
資料番号 IA2012-98 
発行日 2013-03-07 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2013-03-14 - 2013-03-15 
開催地(和) 東大寺総合文化センター 
開催地(英) Todaiji Total Cultural Center 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2013-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律分散セッションステートマイグレーションによる需要変動に応じたサーバ制御の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Server Configuration with Autonomous Session State Migration to Demand Fluctuation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自律分散 / Autonomous  
キーワード(2)(和/英) セッションステートマイグレーション / Session state migration  
キーワード(3)(和/英) 需要変動 / Demand fluctuation  
キーワード(4)(和/英) 新世代ネットワーク / New Generation Network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 臼井 健 / Takeshi Usui / ウスイ タケシ
第1著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 地引 昌弘 / Masahiro Jibiki / ジビキ マサユキ
第2著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 作元 雄輔 / Yusuke Sakumoto / サクモト ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 知佐 / Chisa Takano / タカノ サチ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大 (略称: 広島市大)
Hirosshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 会田 雅樹 / Masaki Aida / アイダ マサキ
第5著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 西永 望 / Nozomu Nishinaga / ニシナガ ノゾム
第6著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 17:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2012-60,IEICE-IA2012-98 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.488(SITE), no.489(IA) 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2013-03-07,IEICE-IA-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会