お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 11:25
Responsive Linkにおける伝送路符号化方式の動的切替手法
高橋昌裕久村雄輔吉住 修水頭一壽松谷宏紀山崎信行慶大CPSY2012-91 DC2012-97
抄録 (和) 分散リアルタイムシステムにおいて,誤り訂正符号もしくは伝送路符号を用いた通信の高信頼化はリアルタイム性を維持する上で必須の機能である.これらの符号強度と符号化率の間にはトレードオフが存在するため,伝送路特性及び扱うデータによって適切な誤り訂正符号及び伝送路符号を選択する必要がある.既存の分散制御用リアルタイム通信規格であるResponsive Linkは上記の要求を満たすため,3種類の伝送路符号と3種類の誤り訂正符号を装備・切替可能な通信機構を擁している.本論文ではノード間に置ける伝送路符号や誤り訂正符号の動的な切替手法を提案し,ソフトウェアによるResponsive Linkの符号化方式の動的切替を実現した.評価において,符号化方式の切替を行った際のパケットエラー率,スループット性能を,符号化方式の切替を行わなかったものと比較することにより,パケットエラー率,スループット性能が向上することを示した. 
(英) In a distributed real-time system, highly-dependable communication using error correcting codes and line codes is an indispensable function. Since a trade-off exists between code intensity and code rate, it is necessary to choose suitable error correcting codes and line codes under a given characteristic of communication link and streams of data. Responsive Link, which is the real-time communications standard for distributed control that has three kinds of line codes and error correcting codes in order to meet the demand. In this paper, we propose a method that dynamically change line codes or error correcting codes between nodes, and realized a software-based dynamic reconfiguration of channel coding on ResponsiveLink. And we evaluated the proposed method in terms of packet error rate and throughput performance comparing with the case without the proposed method. Experimental results show that packet error rate and throughput performance improved.
キーワード (和) 分散リアルタイムシステム / 伝送路符号化方式 / Responsive Link / / / / /  
(英) Distributed Real-time System / Channel Coding / Responsive LInk / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 481, CPSY2012-91, pp. 235-240, 2013年3月.
資料番号 CPSY2012-91 
発行日 2013-03-07 (CPSY, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPSY2012-91 DC2012-97

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-SLDM IPSJ-EMB  
開催期間 2013-03-13 - 2013-03-14 
開催地(和) 対馬市交流センター 会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) 組込み技術とネットワークに関するワークショップ ETNET2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2013-03-CPSY-DC-SLDM-EMB 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Responsive Linkにおける伝送路符号化方式の動的切替手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Dynamic Reconfiguration Scheme of Channel Coding on Responsive Link 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散リアルタイムシステム / Distributed Real-time System  
キーワード(2)(和/英) 伝送路符号化方式 / Channel Coding  
キーワード(3)(和/英) Responsive Link / Responsive LInk  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 昌裕 / Akihiro Takahashi / タカハシ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久村 雄輔 / Yusuke Kumura / クムラ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉住 修 / Osamu Yoshizumi / ヨシズミ オサム
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水頭 一壽 / Kazutoshi Suito / スイトウ カズトシ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松谷 宏紀 / Hiroki Matsutani / マツタニ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 信行 / Nobuyuki Yamasaki / ヤマサキ ノブユキ
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2012-91,IEICE-DC2012-97 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.481(CPSY), no.482(DC) 
ページ範囲 pp.235-240 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2013-03-07,IEICE-DC-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会