お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 17:30
SNS・マイクロブログサービスのための画像からの主観文自動生成
小林寛子藤縄展宏栗林英範佐々木豊春松尾武史中島伸一ニコンPRMU2012-203
抄録 (和) 近年, 与えられた画像に対して自然文を出力する研究が注目されている. 物体の動作やシーンを客観的に記述する自然文を生成することにより, 従来の画像アノテーションよりも深い画像理解を実現することが主な目的である. 一方, 本研究では主観的な文章を自動生成する方法を提案する. 主観的表現によって画像に脚色を加えることにより, ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) やマイクロブログサービス等において友人と画像を共有するユーザーに, 新たな画像の楽しみ方を提供することを目的とする. 提案手法では, 画像の代表色や笑顔認識結果に基づいて主観的単語が選択され, それらをテンプレートにあてはめることによって文章が生成される. アプリケーションの効果を評価するために主観評価実験を行ったところ, 人物が主要被写体である写真において高い評価が得られた. 
(英) Generating sentences from a given image is becoming an active area of research. Obtaining sentences
that objectively describe an image accompanies with a deep image understanding, which is an ultimate goal of image
classi cation and annotation. On the other hand, in this paper, we propose an automatic generator of sentences
that subjectively express an image. By providing a dramatizing sentence, our goal is to o er users who share images
with their friends in social networking services and micro-blog services a new application to enjoy images. In our
proposed approach, subjective words are chosen based on image features such as dominant colors and smile detec-tion results. Then, a sentence is produced by substituting the chosen words into templates, which were manually
prepared. Our subjective evaluation showed e ectiveness of our approach on photos where the primal objects are
people.
キーワード (和) 自然文自動生成 / カラーイメージスケール / 顔検出 / 笑顔検出 / 主観的文章 / / /  
(英) automatic sentence generalization / subjective sentence / color image scale / face detection / smile detection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 495, PRMU2012-203, pp. 135-139, 2013年3月.
資料番号 PRMU2012-203 
発行日 2013-03-07 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2012-203

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2013-03-14 - 2013-03-15 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 文字・文書の認識と理解およびアルゴリズム・システム評価 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2013-03-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SNS・マイクロブログサービスのための画像からの主観文自動生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Generation of Subjective Sentence from Image for Social Networking and Micro-blog Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自然文自動生成 / automatic sentence generalization  
キーワード(2)(和/英) カラーイメージスケール / subjective sentence  
キーワード(3)(和/英) 顔検出 / color image scale  
キーワード(4)(和/英) 笑顔検出 / face detection  
キーワード(5)(和/英) 主観的文章 / smile detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 寛子 / Hiroko Kobayashi / コバヤシ ヒロコ
第1著者 所属(和/英) (株)ニコン (略称: ニコン)
Nikon (略称: Nikon)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤縄 展宏 / Nobuhiro Fujinawa / フジナワ ノブヒロ
第2著者 所属(和/英) (株)ニコン (略称: ニコン)
Nikon (略称: Nikon)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 英範 / Hidenori Kuribayashi / クリバヤシ ヒデノリ
第3著者 所属(和/英) (株)ニコン (略称: ニコン)
Nikon (略称: Nikon)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 豊春 / Toyoharu Sasaki / ササキ トヨハル
第4著者 所属(和/英) (株)ニコン (略称: ニコン)
Nikon (略称: Nikon)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 武史 / Takeshi Matsuo / マツオ タケシ
第5著者 所属(和/英) (株)ニコン (略称: ニコン)
Nikon (略称: Nikon)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 伸一 / Shinichi Nakajima / ナカジマ シンイチ
第6著者 所属(和/英) (株)ニコン (略称: ニコン)
Nikon (略称: Nikon)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 17:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2012-203 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.495 
ページ範囲 pp.135-139 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PRMU-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会