電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-14 09:30
強化学習ベース多船航路探索法における行動選択制限の改良
谷川大洋神尾武司広島市大)・三堀邦彦拓殖大)・田中隆博海上保安大)・藤坂尚登生岩量久広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 船舶は重要な輸送手段である. 他船航路問題は船舶にかかわる工学分野で扱ってきたものである. しかし, 船舶同士の衝突を避けるための手続きの良否や衝突リスクは議論されることはあるが, 得られた航路の最適性が客観的に評価されることはない. そこで我々はマルチエージェント強化学習システム(多船航路探索用MARLS)の構築に取り組んできた. しかし, 得られた航路が不要に大きく膨らんでしまう場合があることを計算機実験にて確認している. よって, 本研究では不要な回避を是正する行動選択制限を提案する. 
(英) Ship transport is important. Multi ship course problem has been treared in the engineering related to ships. But the optimality of courses and the interaction between maneuvering actions have not been sufficiently discussed yet. So we have been designed multi-agent reinforcement learning system (MARLS). However, we have been confirmed by computer simulations that the resulting route is to avoid unnecessary. In this paper, we propose a limited action selection that correct to avoid unnecessary.
キーワード (和) マルチエージェント強化学習システム / 多船舶航路探索 / 先験的知識 / 航法 / / / /  
(英) multi-agent reinforcement learning system / multi-ship course problem / prior knowledge / navigation rules / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 487, NLP2012-144, pp. 1-5, 2013年3月.
資料番号 NLP2012-144 
発行日 2013-03-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2013-03-14 - 2013-03-15 
開催地(和) 千葉大学 西千葉キャンパス 
開催地(英) Nishi-Chiba campus, Chiba Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2013-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 強化学習ベース多船航路探索法における行動選択制限の改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Limited Action Selection in Reinforcement Learning Based Search Method for Ships' Courses 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチエージェント強化学習システム / multi-agent reinforcement learning system  
キーワード(2)(和/英) 多船舶航路探索 / multi-ship course problem  
キーワード(3)(和/英) 先験的知識 / prior knowledge  
キーワード(4)(和/英) 航法 / navigation rules  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 大洋 / Tomohiro Tanigawa / タニガワ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 武司 / Takeshi Kamio / カミオ タケシ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三堀 邦彦 / Kunihiko Mitsubori / ミツボリ クニヒコ
第3著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 隆博 / Takahiro Tanaka / タナカ タカヒロ
第4著者 所属(和/英) 海上保安大学校 (略称: 海上保安大)
Japan Coast Guard Academy (略称: Japan Coast Guard Acad.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤坂 尚登 / Hisato Fujisaka / フジサカ ヒサト
第5著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 生岩 量久 / Kazuhisa Haeiwa / ハエイワ カズヒサ
第6著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-14 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-144 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.487 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2013-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会