お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-12 13:45
RZ光パルスの時間遅延を利用したUWB-IR QPSKの検討
小原友里三浦浩志大柴小枝子京都工繊大PN2012-88
抄録 (和) RZ光パルスを用いたUWB-IR通信において,RZ光パルスをパルス位置変調することによるUWB-IR信号の位相変調を提案し,UWB-IR信号のダウンコンバージョンを行うミキシング周波数の位相に相当する時間遅延を加えることで位相変調が可能であることを示した.次に,直交する信号の干渉を低減するための方法として2回のダウンコンバージョンによる受信信号の処理方法を検討した.最後にシンボルレートを3.3 Gs/sとしてシミュレーションを行った結果,送信シンボルが正しく得られ,UWB-IR QPSKが可能であることを示した. 
(英) We propose the phase modulation of UWB-IR by pulse position modulation of RZ optical pulses. And we show the phase modulation can be possible by adding time delay corresponds to the frequency for down-conversion. We examine the receive processing with twice down-conversion to decrease interference of orthogonal signals. We show UWB-IR QPSK with symbol rate 3.3 Gs/s is possible, as a result of a simulation.
キーワード (和) UWB / インパルス無線 / QPSK / ダウンコンバージョン / / / /  
(英) UWB / Impulse-Radio / QPSK / down-conversion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 471, PN2012-88, pp. 59-64, 2013年3月.
資料番号 PN2012-88 
発行日 2013-03-04 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2012-88

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2013-03-11 - 2013-03-12 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa-ken Seinen-Kaikan 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2013-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RZ光パルスの時間遅延を利用したUWB-IR QPSKの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) UWB-IR QPSK Using Time Delay of RZ Optical Pulses 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UWB / UWB  
キーワード(2)(和/英) インパルス無線 / Impulse-Radio  
キーワード(3)(和/英) QPSK / QPSK  
キーワード(4)(和/英) ダウンコンバージョン / down-conversion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 友里 / Yuri Ohara / オハラ ユリ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 浩志 / Hiroshi Miura / ミウラ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大柴 小枝子 / Saeko Oshiba / オオシバ サエコ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-12 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2012-88 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2013-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会