電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-12 11:35
Kinectとパーティクルフィルタによる手話認識手法の検討
古谷佳大今村大輔堀内靖雄川本一彦篠崎隆宏黒岩眞吾千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文ではKinectとパーティクルフィルタを用いた手話認識手法について検討する.我々の先行研究では腕の肌色情報とKinectによる距離情報を統合し、パーティクルフィルタにより、腕を追跡して手話認識を行う手法を提案し,高い認識精度が示された.しかしこの手法では、腕の肌色情報を用いるために腕まくりをしなければならないという制約が存在した.そこで本研究ではKinectの距離情報を利用することにより、腕まくりの制約を課さなくても腕検出を行える手法を提案し、認識実験により先行研究と同程度の認識精度が得られたことを示す. 
(英) In this paper, we will discuss a sign language recognition method using a Particle Filter and Kinect. We have previously proposed an arm detection method based on a particle filter algorithm using depth and skin color information. We have implemented the method using Kinect and demonstrated that it gave good recognition accuracy. However, the method has a constraint that the users have to roll up their sleeves since it requires the color of arms. In this study, we propose an improved algorithm that removes the constraint. Experimental results show that the new algorithm gives comparable performance as the previous one without using the arm color.
キーワード (和) 手話認識 / パーティクルフィルタ / 隠れマルコフモデル / Kinect / / / /  
(英) Sign Language Recognition / Particle Filter / Hidden Markov Model / Kinect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 475, WIT2012-89, pp. 251-256, 2013年3月.
資料番号 WIT2012-89 
発行日 2013-03-04 (IMQ, IE, MVE, WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE IE WIT IMQ CQ  
開催期間 2013-03-11 - 2013-03-12 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Institute of Technology 
テーマ(和) メディア・コミュニケーションの品質と福祉,および一般(食メディア研究会が協賛) 
テーマ(英) Quality of media communication, welfare, and general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2013-03-MVE-IE-WIT-IMQ-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Kinectとパーティクルフィルタによる手話認識手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sign Language Recognition Using Kinect and Particle Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 手話認識 / Sign Language Recognition  
キーワード(2)(和/英) パーティクルフィルタ / Particle Filter  
キーワード(3)(和/英) 隠れマルコフモデル / Hidden Markov Model  
キーワード(4)(和/英) Kinect / Kinect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古谷 佳大 / Yoshihiro Furuya / フルヤ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 大輔 / Daisuke Imamura / イマムラ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 靖雄 / Yasuo Horiuchi / ホリウチ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 一彦 / Kazuhiko Kawamoto / カワモト カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠崎 隆宏 / Takahiro Shinozaki / シノザキ タカヒロ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒岩 眞吾 / Shingo Kuroiwa / クロイワ シンゴ
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-12 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-IMQ2012-79,IEICE-IE2012-183,IEICE-MVE2012-140,IEICE-WIT2012-89 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.472(IMQ), no.473(IE), no.474(MVE), no.475(WIT) 
ページ範囲 pp.251-256 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2013-03-04,IEICE-IE-2013-03-04,IEICE-MVE-2013-03-04,IEICE-WIT-2013-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会