お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-12 10:10
物体が存在し得る錐体空間の多重スリットによる可視化
中野一成亀田能成大田友一筑波大IMQ2012-70 IE2012-174 MVE2012-131 WIT2012-80
抄録 (和) ある空間中に設置された1台の環境カメラで物体を観測したときに,その対象物体が存在し得る空間を可視化する手法を提案する.環境カメラが透視投影に従う場合,この空間は錐体を成す.この錐体空間は対象物体の本来の形状からかけ離れているため,ユーザはその形状を単に三次元グラフィックスとして示されても,その存在範囲を視覚的に確認することが困難である.そこで本稿では,錐体空間の中に複数のスライス断面を並べることで錐体空間をわかりやすく可視化することを提案する.この手法を多重スリットによる可視化と呼ぶ.6種類の多重スリットを用意し,比較評価実験により多重スリットによる最適な可視化手法について議論する. 
(英) We propose a method to visualize a space in which an object could exist. The space is defined by perspective projection property of an environmental camera. The shape of the space forms a cone and it is called cone space. Because the cone space is far from the shape of the original object, it is difficult to recognize its shape and range in a scene. We propose to place multiple cross sections to visualize the cone space. We provide six variations of the visualization and evaluate them to discuss the best visualization method.
キーワード (和) 可視化 / 人工現実感 / 透視投影 / ボリュームデータ / 断面 / / /  
(英) visualization / virtual reality / perspective projection / volumetric data / cross section / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 474, MVE2012-131, pp. 203-208, 2013年3月.
資料番号 MVE2012-131 
発行日 2013-03-04 (IMQ, IE, MVE, WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2012-70 IE2012-174 MVE2012-131 WIT2012-80

研究会情報
研究会 MVE IE WIT IMQ CQ  
開催期間 2013-03-11 - 2013-03-12 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Institute of Technology 
テーマ(和) メディア・コミュニケーションの品質と福祉,および一般(食メディア研究会が協賛) 
テーマ(英) Quality of media communication, welfare, and general topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2013-03-MVE-IE-WIT-IMQ-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物体が存在し得る錐体空間の多重スリットによる可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cone Space Visualization of Object Existence by Multiple Slits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視化 / visualization  
キーワード(2)(和/英) 人工現実感 / virtual reality  
キーワード(3)(和/英) 透視投影 / perspective projection  
キーワード(4)(和/英) ボリュームデータ / volumetric data  
キーワード(5)(和/英) 断面 / cross section  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 一成 / Kazuaki Nakano / ナカノ カズアキ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 能成 / Yoshinari Kameda / カメダ ヨシナリ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 友一 / Yuichi Ohta / オオタ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-12 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2012-70,IEICE-IE2012-174,IEICE-MVE2012-131,IEICE-WIT2012-80 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.472(IMQ), no.473(IE), no.474(MVE), no.475(WIT) 
ページ範囲 pp.203-208 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2013-03-04,IEICE-IE-2013-03-04,IEICE-MVE-2013-03-04,IEICE-WIT-2013-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会