電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-11 09:30
マルチクラスゾーンITS情報通信方式におけるセクタアンテナ及びシャドウイングに関する検討
後藤 建長谷川孝明埼玉大
抄録 (和) 本稿では,マルチクラスゾーンITS情報通信方式の路車間通信における,所要帯域幅の削減を目的としたセクタアンテナ導入に関する検討と,大型車両によるシャドウイングに適用するための性能解析の拡張を行っている.
本方式は交差点に着目した車車間・路車間統合通信方式であり,従来,所要帯域幅削減に関する検討や,評価時間の削減を目的として,通信シミュレーションの代わりに理論解析を用いた評価について検討が行われている.そこで,さらなる帯域幅の削減を目的としてセクタアンテナ導入による空間分割手法について検討を行っている.その結果,交差点特有の形状等から空間分割可能な領域が限定的であると考えた上,その効果を示している.さらに,従来の性能解析は大型車両によるシャドウイングを考慮していないことから,シャドウイングを考慮した性能解析の拡張を行っている.これによりシャドウイングの発生する環境下でも,通信のシミュレーションなしに,シャドウイング判定機能を持つ交通流シミュレータと理論解析により,本方式の性能評価が可能であることを示している. 
(英) This paper describes the introduction of sector antennas and the extension of the theoretical analysis considered shadowing by large vehicles in RVC(road-vehicle communication) of the Multi-Class zone ITS communication scheme.
This scheme is a integrated scheme of IVC(inter-vehicle communication) and RVC focusing on intersections.
In conventional research, reduction of the required bandwidth and performance evaluation with theoretical analysis instead of communication simulation are considered.
First, we propose the space division scheme with sector antenas for further reduction of the bandwidth.
As a result, The area to which the space division scheme can be applied is limited because of the shape feature of intersections.
On top of that, we reveal that the effect is to reduce the bandwidth by approximately 20\%.
Second, we extend the conventional theoretical analysis focusing on shadowing by large vehicles.
As a result, we can evaluate the performance under the environment where shadowing by large vehicles happens using traffic simulation and the theoretical analysis without communication simulation.
キーワード (和) マルチクラスゾーンITS情報通信方式 / 交差点 / 路車間通信 / セクタアンテナ / シャドウイング / / /  
(英) Multi-Class Zone ITS Communication Scheme / Intersection / I2V Communication / Sector Antenna / Shadowing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 470, ITS2012-58, pp. 1-6, 2013年3月.
資料番号 ITS2012-58 
発行日 2013-03-04 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IEE-ITS  
開催期間 2013-03-11 - 2013-03-11 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ITS情報処理、一般 
テーマ(英) ITS Infomation Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2013-03-ITS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチクラスゾーンITS情報通信方式におけるセクタアンテナ及びシャドウイングに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Sector Antennas and Shadowing in the Multi-Class Zone ITS Communication Scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチクラスゾーンITS情報通信方式 / Multi-Class Zone ITS Communication Scheme  
キーワード(2)(和/英) 交差点 / Intersection  
キーワード(3)(和/英) 路車間通信 / I2V Communication  
キーワード(4)(和/英) セクタアンテナ / Sector Antenna  
キーワード(5)(和/英) シャドウイング / Shadowing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 建 / Takeru Goto / ゴトウ タケル
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 孝明 / Takaaki Hasegawa / ハセガワ タカアキ
第2著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-11 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2012-58 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2013-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会