電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-11 13:00
Simulation Studies on the Benefit of Route Guidance Generated from Imperfect Traffic Data
Zilu LiangUniv. of Tokyo)・John PolakImperial College London)・Yasushi WakaharaUniv. of Tokyo
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) It has been widely accepted that Route Guidance Systems (RGSs) help improve the efficiency of traffic systems. However, raw traffic data unavoidably have errors, and the benefits of an RGS based on such imperfect input may not reach our conventional expectation. In this paper, we seek to clarify the benefits of an RGS with imperfect input by investigating the performance of a traffic system under the intervention of imperfect route guidance. We conduct two series of simulations in microscopic traffic simulator SUMO under the scenario of homogeneous and heterogeneous route guidance, respectively. Based on the preliminary results of the simulations, we found that the route guidance based on bad traffic data could be harmful to the performance of a traffic system. Moreover, the most preferred values of exogenous and endogenous variables are approximately in reverse proportion to the error level of input traffic data.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) route guidance system / traffic data / traffic simulation / intelligent transport system / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 470, ITS2012-62, pp. 37-42, 2013年3月.
資料番号 ITS2012-62 
発行日 2013-03-04 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IEE-ITS  
開催期間 2013-03-11 - 2013-03-11 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ITS情報処理、一般 
テーマ(英) ITS Infomation Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2013-03-ITS-ITS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simulation Studies on the Benefit of Route Guidance Generated from Imperfect Traffic Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / route guidance system  
キーワード(2)(和/英) / traffic data  
キーワード(3)(和/英) / traffic simulation  
キーワード(4)(和/英) / intelligent transport system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) リャン ジールー / Zilu Liang /
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ジョン ポラック / John Polak /
第2著者 所属(和/英) インペリアル カレッジ ロンドン (略称: インペリアルカレッジロンドン)
Imperial College London (略称: Imperial College London)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若原 恭 / Yasushi Wakahara /
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-11 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2012-62 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2013-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会