お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 11:10
サーバ移動サービスにおける最適サーバ配置
福島行信岡山大)・村瀬 勉NEC)・横平徳美岡山大)・須田達也Univ. NetgroupNS2012-231
抄録 (和) IaaS 型クラウドサービスにおいて,1 つ以上のサーバとクライアントからなるネットワークアプリケーション(NW-App) に対して良好な通信QoS を提供するためにサーバ移動サービス(SMS: Server Migration Service) が提案されている.SMS ではWork Place (WP) と呼ばれる計算機がネットワーク内に配置され,NW-App のサーバは通信QoS がより良好なWP へ移動できる.本報告では,サーバ移動トラヒックが引き起こす背景トラヒックのQoS 劣化(NW インパクト) をあらかじめ定められた水準以下に抑制するという制約の下で,通信QoS の劣化に伴いSMS プロバイダがNW-App プロバイダへ支払わなければならないペナルティを極力低減するようにサーバ移動の実施時期,実施対象サーバおよびそれらの移動先WP を決定する問題に取り組む.この問題を整数計画問題として定式化し,それを解くことにより最適なサーバ配置とペナルティの最適値を求める.数値例によると,許容されるNW インパクトの水準が低くサーバ移動の実施が厳しく制限される場合には,最適サーバ配置手法は貪欲アルゴリズムと比較して36%から49%程度低いペナルティを達成する. 
(英) In server migration service (SMS), computers called work places (WPs) are deployed at various locations in a network, and virtual servers for network applications (NW-Apps) may migrate between WPs towards the clients of the NW-App to achieve better QoS. In SMS, an SMS provider tries to provide an NW-App provider with a certain level of QoS that they agree upon, and if the SMS provider fails, it pays penalty (e.g., reimbursement of a part of service charges to users) depending on the degree and length of the QoS violation. Thus, the SMS provider is incentivized to migrate servers between WPs to satisfy the agreed-upon QoS level to reduce the penalty. On the other hand, an SMS provider also needs to be moderate in performing server migrations to avoid degradation of network QoS (i.e., QoS of background traffic) caused by server migrations. This paper formulates an integer-programming model for the off-line server location decision (i.e., when and to which WP servers should migrate) where the penalty associated with NW-App’s QoS violations is minimized, keeping the number and distance of server migrations below a given level. This paper also compares the minimum penalty obtained through solving the integer-programming model against the penalty obtained with a greedy on-line server locations decision algorithm, which migrates a server to a WP that minimizes the current penalty with no consideration of the penalty that will arise in the future. Numerical examples show that the integer-programming model achieves 36% to 49% lower penalty than the greedy algorithm when the degradation of network QoS is little acceptable.
キーワード (和) クラウドコンピューティング / サーバ移動サービス / サーバ配置問題 / / / / /  
(英) Cloud computing / Server migration service / Server location decision / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-231, pp. 385-390, 2013年3月.
資料番号 NS2012-231 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-231

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サーバ移動サービスにおける最適サーバ配置 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimization Locations of Servers in Server Migration Service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドコンピューティング / Cloud computing  
キーワード(2)(和/英) サーバ移動サービス / Server migration service  
キーワード(3)(和/英) サーバ配置問題 / Server location decision  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 行信 / Yukinobu Fukushima / フクシマ ユキノブ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第2著者 所属(和/英) NECクラウドシステム研究所 (略称: NEC)
Cloud System Research Laboratories, NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横平 徳美 / Tokumi Yokohira / ヨコヒラ トクミ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 須田 達也 / Tatsuya Suda /
第4著者 所属(和/英) University Netgroup Inc. (略称: Univ. Netgroup)
University Netgroup Inc. (略称: Univ. Netgroup)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-231 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.385-390 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会