電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 15:10
Underwater Sensor NetworkにおけるDTNルーティングの一検討
山崎唯史高野敦宏甲藤二郎早大)・近藤逸人東京海洋大
抄録 (和) 近年、Underwater Sensor Networksは海中の観測データを収集するネットワークとして注目を浴びている。しかし、海中環境は音波通信における伝送遅延の増加、雑音などでの様々な影響を受けるために、データ伝送が厳しい環境となっている。Underwater Sensor Networksにおいても陸上通信と同様にルーティングプロトコルが必要となる。しかし、海中での様々な影響を受け、データ伝送が厳しい環境であるUnderwater Sensor Networkでは既存のルーティングプロトコルが有効とは言い難い。本稿では、ルーティングプロトコルに着目し、ネットワーク性能向上を目指す。中断や切断が多発したり、大きな伝送遅延が生じたりする劣悪な通信環境、ネットワークのことをDTN (delay/disruption-tolerant networking)という。そこで、本稿ではDTN向けのルーティングプロトコルとして提案されているEpidemic RoutingをUnderwater Sensor Networksに使用し、AODV (Ad-hoc On-demand Distance Vector) との比較検討を行う。 
(英) Underwater Sensor Networks have received growing interests recently, which can monitor and collect underwater environments. However, it is difficult to transmit data in underwater environments because of some effects such as high propagation delay, noises. Underwater Sensor Networks need routing protocols similar to radio propagation in terrestrial. However, existing routing protocols are not effective in Underwater Sensor Networks because of various influences listed above. We focus on routing protocols to improve network performance.DTN (delay/disruption tolerant network) assumes high propagation delay and intermittent link. In this paper, Epidemic Routing , which was proposed for DTN, is used as a routing protocol for Underwater Sensor Networks and its effectiveness against AODV is investigated.
キーワード (和) Underwater Sensor Networks / DTN / Epidemic Routing / / / / /  
(英) Underwater Sensor Networks / DTN / Epipdemic Routing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-255, pp. 523-528, 2013年3月.
資料番号 NS2012-255 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Underwater Sensor NetworkにおけるDTNルーティングの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on DTN Routing for Underwater Acoustic Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Underwater Sensor Networks / Underwater Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(3)(和/英) Epidemic Routing / Epipdemic Routing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 唯史 / Tadashi Yamazaki / ヤマザキ タダシ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 敦宏 / Atsuhiro Takano / タカノ アツヒロ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 逸人 / Hayato Kondo / コンドウ ハヤト
第4著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science & Technology (略称: Tokyo Univ. of Marine Science & Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-255 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.523-528 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会