お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 14:50
再生可能エネルギーを用いたメッシュネットワーク通信機器の電源構成の検討
田中貴大相田 仁東大IN2012-189
抄録 (和) 本研究では通信機器の電源を再生可能エネルギーとして独立駆動させる際に、発電機とその出力変動を吸収する蓄電池で構成される電源の設備コストを最小とする構成を検討し、消費電力量より数倍大きな発電量を得ることのできる太陽光パネルを用いる構成がコスト最小であることを明らかにした。また、風力発電出力と太陽光発電出力の相関はほとんどないため、小型の風力発電機を太陽光パネルと併用して用いることで、コストが下がる可能性があることを示した。
また、携帯電話基地局とメッシュネットワークを再生可能エネルギーで独立駆動する場合において、ネットワーク全体の構築にかかるコストの比較を行い、同程度のコストで構築可能であることを示した。
加えて、再生可能エネルギーから得られた余剰電力を売電する場合、より大きな太陽光パネル設置することによるコストの増分は売電価格より小さく、大きな太陽光パネルを持つ構成により設備投資コストが回収できるということを示した 
(英) In this study when I let a power supply of the communications equipment drive independent by renewable energy, I examined constitution to minimize the equipment cost of a power supply comprised of a generator and the battery which absorbed the output change, and clarified constitution to use the solar panel which has several times bigger generation quantity than an amount of used electricity for cost minimum. In addition, I showed that cost may fall down by using a small wind power generator together with solar panel because there were few correlations of wind-generated electricity output and photovoltaic power generation output.
In addition, when making a cell-phone base station and a mesh network node drive independent by renewable energy, I compared the cost that construction of the whole network cost and showed that can be built with the cost at the same level.
In addition, installing the bigger solar panel cost was smaller than selling price of power and showed that I could collect capital spending cost by constitution to have the bigger solar panel when I sell a surplus electric power obtained from the renewable energy.
キーワード (和) メッシュネットワーク / 再生可能エネルギー / 太陽光発電 / 風力発電 / 固定価格買い取り制度 / / /  
(英) Mesh Network / Renewable Energy / Wind Power Generation / Photovoltaic Power Generation / Feed-in-tariff / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-189, pp. 209-214, 2013年3月.
資料番号 IN2012-189 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-189

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再生可能エネルギーを用いたメッシュネットワーク通信機器の電源構成の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Power Constitution of Mesh Network Communication Equipment Empowered by Renewable Energy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メッシュネットワーク / Mesh Network  
キーワード(2)(和/英) 再生可能エネルギー / Renewable Energy  
キーワード(3)(和/英) 太陽光発電 / Wind Power Generation  
キーワード(4)(和/英) 風力発電 / Photovoltaic Power Generation  
キーワード(5)(和/英) 固定価格買い取り制度 / Feed-in-tariff  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 貴大 / Takahiro Tanaka / タナカ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相田 仁 / Hitoshi Aida / アイダ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-189 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.209-214 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会