お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 17:05
CoB/Ni磁性細線における電流磁壁駆動 ~ 磁性細線メモリの基礎検討 ~
粟野博之ドク テンゴ豊田工大MR2012-52 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2012-52
抄録 (和) 新興国の急速な経済成長により水や電気同様にストレージも不足する警鐘が鳴らされている。これを解消すべくストレージを増産しても、今度は電力不足で使えない事態になる。このデータ容量不足電力不足を解決できる可能性が全固体磁気メモリに託されており、その基礎研究の一例としてCoB/Ni多層膜で磁性細線を作成し、電流による磁壁駆動実験を行ったのでその結果を報告する。 
(英) Warning that a shortage of storage as well as water and electricity by the rapid economic growth of emerging countries has been sounded. Even If someone increases the production of a lot of storage devices to solve this problem, they can not be used because of shortage of electric power. In order to solve the problem, a new storage device named as solid state magnetic memory( low power consumption and huge data capacity) should be studied In this presentation, we will report about a basic study of CoB/Ni magnetic nanowire memory as a one solution.
キーワード (和) 磁性細線メモリ / / / / / / /  
(英) Magnetic wire memory / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, 2013年3月.
資料番号  
発行日 2013-03-01 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MR2012-52 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2012-52

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2013-03-08 - 2013-03-08 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 光記録,一般 
テーマ(英) Optical recording, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2013-03-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CoB/Ni磁性細線における電流磁壁駆動 
サブタイトル(和) 磁性細線メモリの基礎検討 
タイトル(英) Study of current driven domain wall in CoB/Ni nanowire) 
サブタイトル(英) Basic research of magnetic nanowire memory 
キーワード(1)(和/英) 磁性細線メモリ / Magnetic wire memory  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟野 博之 / Hiroyuki Awano / アワノ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 豊田工業大学 (略称: 豊田工大)
Toyota Technological Institute (略称: Toyota Technological Inst.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ドク テンゴ / Duc The Ngo / ドク テンゴ
第2著者 所属(和/英) 豊田工業大学 (略称: 豊田工大)
Toyota Technological Institute (略称: Toyota Technological Inst.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2012-52 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.452 
ページ範囲 pp.45-47 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-MR-2013-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会