お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 13:30
プラズモニック導波路及び高密度光直接記録用プラズモンアンテナの検討
田村京介芦澤好人大貫進一郎中川活二日大MR2012-45 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2012-45
抄録 (和) 円偏光のカイラリティにより磁化の方向を制御する光直接記録は,高速磁気記録の手法として注目されている.我々は,局在表面プラズモン (Localized Surface Plasmon: LSP) を利用したプラズモンアンテナによる局所円偏光の生成,およびLSPを効率的に励起するための表面プラズモンポラリトン(Surface Plasmon Plariton: SPP)を利用したプラズモニック導波路 (Plasmonic Waveguide: PW) 構造について,検討を行っている.本論文では,PWの伝搬エネルギー及び,伝搬効率を光源の入射角度やPWの厚さを変化し検討した.また,プラズモンアンテナとPWとを組み合わせた光学系において,PW端部にプラズモンアンテナを設置したモデルでの局所円偏光の生成を示した. 
(英) The all-optical magnetic recording is one of methods for ultra-fast recording. A circularly polarizied light for high density all-optical magnetic recording, can be confined from a circularly polarized light propagating through space by a plasmon antenna which uses localized surface plasmon (LSP). In this paper, the circularly polarized light generated from a surface plasmon polariton (SPP) propagated by a plasmonic waveguide (PW) for high efficiency energy propagation. It is investigated that the near field intensity created by the plasmon antenna with the PW depending on an angle of the incident light. The energy and propagation efficiency of SPPs delivered on a Au sheet of the PW are also studied. Furthermore, the creation of confined circularly polarized light by the combination of PW and plasmon antenna is demonstrated.
キーワード (和) 光直接記録 / 局在表面プラズモン / プラズモンアンテナ / 表面プラズモンポラリトン / プラズモニック導波路 / / /  
(英) All-optical magnetic recording / Localized surface plasmon / Plasmon antenna / Surface plasmon plariton / Plasmonic waveguide / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, 2013年3月.
資料番号  
発行日 2013-03-01 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MR2012-45 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2012-45

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2013-03-08 - 2013-03-08 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 光記録,一般 
テーマ(英) Optical recording, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2013-03-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プラズモニック導波路及び高密度光直接記録用プラズモンアンテナの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Plasmonic Waveguide and Plasmon Antenna for High Density All-Optical Magnetic Recording 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光直接記録 / All-optical magnetic recording  
キーワード(2)(和/英) 局在表面プラズモン / Localized surface plasmon  
キーワード(3)(和/英) プラズモンアンテナ / Plasmon antenna  
キーワード(4)(和/英) 表面プラズモンポラリトン / Surface plasmon plariton  
キーワード(5)(和/英) プラズモニック導波路 / Plasmonic waveguide  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 京介 / Kyosuke Tamura / タムラ キョウスケ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 芦澤 好人 / Yoshito Ashizawa / アシザワ ヨシト
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大貫 進一郎 / Shinichiro Ohnuki / オオヌキ シンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 活二 / Katsuji Nakagawa / ナカガワ カツジ
第4著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2012-45 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.452 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MR-2013-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会