お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 10:30
多様なアクセス網を想定した軽量な移動管理方式の考察
東 信博辻河 亨松本 実安川正祥則武克誌NTTNS2012-229
抄録 (和) 今後,簡易な機能を具備し,従来型モバイル端末の10倍以上の台数のM2M端末が移動体網に収容されることが予想される.しかし,既存の移動管理機能はM2M端末にはオーバスペックであり,更に大量のセッション管理負荷が発生するため,既存移動体網での大量の端末収容には適さない.本稿ではこれらの課題を解決可能な,?無線アクセスに非依存,?通信の継続性保証,?高いスケーラビリティ等の機能要素を具備した軽量な移動管理方式の提案・評価を行う. 
(英) The number of machine-to-machine (M2M) terminals is expected to grow 10 times than that of mobile terminals currently deployed, and mobile networks need to handle such a huge number of terminals.
However, the mobility management scheme adopted in commercial radio networks is overscrupulous for these M2M terminals, and this causes capacity limitation. To allow scalable mobility management, we propose the light-weight mobility management scheme with following features:
access network-independence, session continuity, and high scalability.
キーワード (和) 移動管理 / FMC / ヘテロジニアスネットワーク / / / / /  
(英) Mobility Management / Fixed-Mobile Convergence / Heterogeneous Network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-229, pp. 373-378, 2013年3月.
資料番号 NS2012-229 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-229

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多様なアクセス網を想定した軽量な移動管理方式の考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Light-weight Mobility Management Scheme for Multiple Access Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動管理 / Mobility Management  
キーワード(2)(和/英) FMC / Fixed-Mobile Convergence  
キーワード(3)(和/英) ヘテロジニアスネットワーク / Heterogeneous Network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 東 信博 / Nobuhiro Azuma / アズマ ノブヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻河 亨 / Tohru Tsujikawa / ツジカワ トオル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 実 / Minoru Matsumoto / マツモト ミノル
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安川 正祥 / Seisho Yasukawa / ヤスカワ セイショウ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 則武 克誌 / Katsunori Noritake / ノリタケ カツノリ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-229 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.373-378 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会