電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 14:30
コンテンツ利用行動に基づく事前配信手法の検討
横田将裕竹下 恵西松 研長谷川治久NTTIN2012-204
抄録 (和) 映像サービスの普及によるトラヒックの増加が通信事業者にとって課題となっている.そこで,通信事業者はインターネットキャッシュを中心としたトラヒック制御技術を活用してトラヒック削減を行っている.しかし,近年普及しているUGC(User Generated Content) 型サービスの利用が拡大すると,コンテンツの数,種類が増加し,ユーザが利用するコンテンツが分散するため,インターネットキャッシュによるトラヒック削減効果が低下するおそれがある.このようなコンテンツの利用が分散する状況では,ユーザ毎に利用するコンテンツが異なるため,各ユーザに合わせたトラヒック制御手法を適用することが効果的である.そこで,本稿ではユーザのコンテンツ利用行動の分析結果を基に,ローカルストレージを用いた事前配信,キャッシュ技術の提案,及び,それらの有効性について評価する. 
(英) With the spread of video services, the increase in volume of traffic has become a issue for carriers. Therefore, carriers are reducing traffic by using traffic control method, such as internet cache system. However, there is a possibility that the traffic reduction effect is reduced in consequence of the expanding of User Generated Content service. That is because the contents used by a user are different from the contents used by another user. In such situation, it is necessary to use a traffic control method that manages for each user. In this paper, we propose pre-delivery method and local cache method based on the analysis of users' content usage behavior and evaluate the effectiveness of those methods.
キーワード (和) 事前配信 / ソーシャルメディア / トラヒック制御 / / / / /  
(英) Pre-delivery / Social Media / Traffic Control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-204, pp. 299-303, 2013年3月.
資料番号 IN2012-204 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-204

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツ利用行動に基づく事前配信手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Content Pre-delivery Method Based on User Behavior Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 事前配信 / Pre-delivery  
キーワード(2)(和/英) ソーシャルメディア / Social Media  
キーワード(3)(和/英) トラヒック制御 / Traffic Control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 将裕 / Masahiro Yokota / ヨコタ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 恵 / Kei Takeshita / タケシタ ケイ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西松 研 / Ken Nishimatsu / ニシマツ ケン
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 治久 / Haruhisa Hasegawa / ハセガワ ハルヒサ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-204 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.299-303 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会