お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 15:30
無線マルチホップネットワークにおける信頼度情報に基づくルーティング手法の一検討
小原一哉阪大)・阿部洋丈筑波大)・馬場健一下條真司阪大NS2012-223
抄録 (和) 無線マルチホップネットワークにおいて,信頼度を用いてルーティングを行なうプロトコルには偽装ACK攻撃に対応できないという問題がある.偽装ACK攻撃は,悪意あるノードが受け取ったデータ転送のためのパケットを架空のノードに転送することで通信を妨害する.同時に,正常な通信の場合に宛先ノードから返信されるACKパケットを偽装して隣接ノードの攻撃ノードに対する信頼度を下げないようにする.本研究ではこの攻撃に関して,対処するために有効な手法を提案する.提案する手法では,送信ノードは攻撃ノードが偽装したACK を受け取ると,改竄を検知し,中継ノードとなった全てのノードに対して警告パケットを送信する.警告を受け取った各ノードは次ホップとなる隣接ノードに対する信頼度を下げることで攻撃ノードを回避する.シミュレーションにより提案手法の評価を行った.その結果,提案手法は攻撃ノードが存在する環境下でパケットの転送成功率が高く,偽装ACK攻撃に対して有効であることを明らかにした. 
(英) In wireless multihop networks, conventional trust based routing protocols are vulnerable to Spoofing ACK Attack.Malicious nodes of Spoofing ACK Attack drop the packets which they receives by transferring them to an imaginary node.They also prevent their neighbor nodes from regarding them as untrustworthy nodes by spoofing the ack which the destination node sends normally.In this paper we propose an effective method to deal with the attack.The source nodes send warning packets to all intermediate nodes when they receive a spoofed ack and detect it.The nodes which have received the warning packet decrease trustworthiness of each next hop nodes so that intermediate nodes can avoid attacker nodes.We evaluate our proposed methods by simulation.As a result, we can show that a success rate on packet transfer of the proposed method is higher than those on the conventional method, and that the proposed method is effective in defensing Spoofing ACK Attack.
キーワード (和) 無線マルチホップネットワーク / 信頼ベースルーティング / 偽装ACK攻撃 / セキュアルーティング / / / /  
(英) wireless multihop networks / trust-based routing / spoofing ack attack / secure routing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-223, pp. 337-342, 2013年3月.
資料番号 NS2012-223 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-223

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線マルチホップネットワークにおける信頼度情報に基づくルーティング手法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of a Trust-aware Routing Protocol in Wireless Multi-hop Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線マルチホップネットワーク / wireless multihop networks  
キーワード(2)(和/英) 信頼ベースルーティング / trust-based routing  
キーワード(3)(和/英) 偽装ACK攻撃 / spoofing ack attack  
キーワード(4)(和/英) セキュアルーティング / secure routing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 一哉 / Kazuya Kohara / コハラ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 洋丈 / Hirotake Abe / アベ ヒロタケ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 健一 / Ken-ichi Baba / ババ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 下條 真司 / Shinji Shimojo / シモジョウ シンジ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-223 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.337-342 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会