お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 13:40
バーストセンサデータ配送プロトコルNeBuST-wideの性能評価
兼子佑樹桧垣博章東京電機大IN2012-202
抄録 (和) イベント駆動型センサネットワークでは, バースト的に生成されるセンサデータメッセージ群の低遅延, 高信頼な配送が要求される.
しかし, 中継無線センサノードの通信バッファ不足がこれを困難にしている.
本論文では, この問題を解決する NeBuST-wide プロトコルを提案する.
NeBuST-wide では, 中継無線センサノードが次ホップ無線センサノードの通信バッファが満たされていることを検知して, 各センサデータメッセージごとに動的に経路を変更し, よりシンクノードに近い中継無線センサノードへと配送することで, 配送遅延の短縮とセンサデータメッセージの紛失回避とを実現する.
また, 本論文では, NeBuST-wide の性能を NeBuST と比較することで, 迂回経路を広域に拡散する効果を明らかにするとともに, 固定的な複数経路を用いるアドホックルーティングプロトコルと比較することで, センサデータメッセージごとに動的に迂回経路を選択することの効果を明らかにする. 
(英) In an event-based sensor network, a sequence of burst sensor data messages are required to be transmitted in shorter transmission delay without losses.
However, it is difficult due to limited communication buffers in intermediate sensor nodes in a wireless multihop transmission route to the sink node.
This paper proposes NeBuST-wide routing and transmission protocols in which sensor data messages are transmitted along dynamically determined transmission routes in message-by-message manner.
In case of a full communication buffer in the next-hop wireless sensor node, an intermediate node forwards data messages to another neighbor node to make detour transmissions for achieving shorter transmission delay and for avoidance of losses of the sensor data messages.
In addition, this paper evaluates the performance of NeBuST-wide in comparison with the original NeBuST to make clear the effect of wider distribution of burst sensor data message transmissions and in comparison with a static multi-route transmission protocol.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / バースト通信 / バッファオーバフロー / ルーティング / / / /  
(英) Wireless Sensor Networks / Burst Transmissions / Buffer Overflow / Routing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-202, pp. 287-292, 2013年3月.
資料番号 IN2012-202 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-202

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) バーストセンサデータ配送プロトコルNeBuST-wideの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of NeBuST-wide Burst Sensor Data Transmission Protocol 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) バースト通信 / Burst Transmissions  
キーワード(3)(和/英) バッファオーバフロー / Buffer Overflow  
キーワード(4)(和/英) ルーティング / Routing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 兼子 佑樹 / Yuki Kaneko / カネコ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桧垣 博章 / Hiroaki Higaki / ヒガキ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-202 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.287-292 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会