お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 14:50
MANETにおける伝搬遅延推定に基づくOpportunistic Routing
山本 嶺早大)・山崎 託三好 匠芝浦工大)・田中良明早大NS2012-221
抄録 (和) アドホックネットワークでは,端末の移動によってネットワークトポロジーが随時変化するため,生存時間の長い安定した経路を構築することが困難である.この問題に対し,パケット転送時に特定の経路を利用せず,通信環境が優れているリンクを確率的に選択することで,あて先端末までの転送を実現するOpportunistic routing(OR)が提案されている.本稿では,アドホックネットワークでより効率的なパケット転送を実現するため,伝搬遅延推定に基づいたOR を提案する.提案手法では,待ち行列長及び各リンクの通信成功率から,あて先端末までの伝搬遅延を推定し,推定伝搬遅延が短いリンクを優先的に利用することで通信効率の向上を実現する.また,コンピュータシミュレーションを用いた性能評価により,提案手法の有用性を確認している. 
(英) In ad hoc networks, terminals' mobility may cause dynamic change of network topology, which makes it difficult to establish stable transmission routes. As concerns this problem, opportunistic routing (OR), which does not rely on any specific route and forwards packets opportunistically using stable links, has been proposed. In order to achieve efficient packet forwarding in ad hoc networks, this paper proposes a new OR protocol based on the estimated end-to-end delay that is calculated from terminals' queue lengths and links’ transmission success rates. The proposed method tries to use the terminals that have the shorter delay to the destination terminal as forwarders for realizing shorter end-to-end delay and higher throughput. The performance and the efficiency of the proposed method are also clarified by computer simulation.
キーワード (和) アドホックネットワーク / オポチュニスティックルーチング / 伝搬時間 / 負荷分散 / / / /  
(英) Ad hoc network / Opportunistic routing / Delay / Load balancing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-221, pp. 325-330, 2013年3月.
資料番号 NS2012-221 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-221

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MANETにおける伝搬遅延推定に基づくOpportunistic Routing 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Opportunistic Routing Based on End-to-End Delay Estimation for MANET 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) オポチュニスティックルーチング / Opportunistic routing  
キーワード(3)(和/英) 伝搬時間 / Delay  
キーワード(4)(和/英) 負荷分散 / Load balancing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 託 / Taku Yamazaki / ヤマザキ タク
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-221 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.325-330 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会