お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 11:10
帯域が異なるフローへのノード毎に異なる優先度付与方式
林 裕平山岡克式東工大IN2012-198
抄録 (和) 許容遅延以内にパケットが目的ノード到着できるフロー数の増加方式として,フローへのノード毎に異なる優先度付与が有効である.
しかし,従来の優先度付与の研究は,異種帯域フローが網に収容された場合に関する検討が不十分である.
そこで,本研究は,最適な優先度付与の特徴に基づく,フローの帯域を考慮した優先度付与法を提案し,性能評価のため数値解析を行った.
数値解析の結果,提案方式は,方式内で用いられている帯域の閾値が小さいほど,小規模な網では最適解に近い性能を,大規模な網でも良好な性能を持つことが解った.
また,提案方式の帯域の閾値制御をしない方式と同等である従来方式も,帯域の異なるフロー環境に対して有効であることが解った. 
(英) Per-node priority assignment to flows is effective to increase number of flows whose packets can arrive at destination node within allowable delay of the flow.
However, conventional study of per-node priority assignment dose not discuss a case which heterogeneous flows are accommodated in network.
We propose per-node priority assignment method to heterogeneous flows based on characteristic of optimum solution.
The effectiveness of proposed method is confirmed by numerical analysis.
Numerical analysis shows that proposed method whose bandwidth threshold is low can find near optimum solution in small network, and can find good solution in large network too.
Additionally, conventional method which is equal to propose method whose bandwidth threshold is zero can find good solution too when heterogeneous flows are accommodated in network.
キーワード (和) 優先待ち行列 / 許容遅延 / 送受信間遅延 / 優先度付与 / 待ち行列理論 / 異種帯域フロー / /  
(英) Priority queuing / Allowable delay / End-to-End delay / Priority assignment / Queuing Theory / Heterogeneous flow / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-198, pp. 263-268, 2013年3月.
資料番号 IN2012-198 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-198

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 帯域が異なるフローへのノード毎に異なる優先度付与方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method of Per-Node Priority Assignment for Live Streaming Flows with Heterogeneous Bandwidth 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 優先待ち行列 / Priority queuing  
キーワード(2)(和/英) 許容遅延 / Allowable delay  
キーワード(3)(和/英) 送受信間遅延 / End-to-End delay  
キーワード(4)(和/英) 優先度付与 / Priority assignment  
キーワード(5)(和/英) 待ち行列理論 / Queuing Theory  
キーワード(6)(和/英) 異種帯域フロー / Heterogeneous flow  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 裕平 / Yuhei Hayashi / ハヤシ ユウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka /
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-198 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.263-268 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会