お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 09:00
高速フェージング通信路でのSC-FDMAにおけるB-Spline近似を用いた通信路推定
渡邉郁大橋本 猛電通大IN2012-192
抄録 (和) 上りリンク高速フェージング環境でのSC-FDMA において,B-Spline 近似を使用した通信路推定を提案する.複数のトレーニングシンボルの通信路係数からデータシンボルの通信路係数をB-Spline 近似によって滑らかに補間する.過去に提案されていた多項式近似による通信路推定と性能を比較し,B-Spline 近似による通信路推定の性能を検証する. 
(英) SC-FDMA is used in the uplink of LTE. We propose the channel estimation based on B-spline interpolation in fast fading channel. We estimate the channel coefficient of plural training symbols and interpolate the channel coefficient of the data symbol by B-Spline curve smoothly. We Compare the BER and MSE performance between B-spline interpolation and polynomial interpolation, and verify the performance of channel estimation based on B-spline interpolation.
キーワード (和) 通信路推定 / SC-FDMA / B-Spline近似 / 多項式近似 / / / /  
(英) Channel estimation / SC-FDMA / B-Spline interpolation / Polynomial interpolation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-192, pp. 227-232, 2013年3月.
資料番号 IN2012-192 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-192

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速フェージング通信路でのSC-FDMAにおけるB-Spline近似を用いた通信路推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel estimation based on B-spline interpolation in fast fading SC-FDMA system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信路推定 / Channel estimation  
キーワード(2)(和/英) SC-FDMA / SC-FDMA  
キーワード(3)(和/英) B-Spline近似 / B-Spline interpolation  
キーワード(4)(和/英) 多項式近似 / Polynomial interpolation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 郁大 / Fumihiro Watanabe / ワタナベ フミヒロ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 猛 / Takeshi Hashimoto /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-192 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.227-232 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会