お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 15:10
ソーシャル情報を用いたコミュニティセンシングシステムにおける提供情報の匿名化と高精細化の両立に関する研究
長谷川洋佑飯田勝吉東工大NS2012-288
抄録 (和) 近年,ソーシャル情報を活用したサービスが発展し,ソーシャル情報同士を結び付けることによる新たなサービスが登場している.ソーシャル情報の結び付きをより促進するために,筆者らはコミュニティセンシング事業者という新しい事業者が一括してソーシャル情報を収集し,その情報をサービス事業者に提供するコミュニティセンシングシステムを提案する.コミュニティセンシングシステムでは,ソーシャル情報を提供するユーザに対して匿名性を提供し,しかし,サービス事業者に対してはできる限り高精細な情報を提供することが求められる.そこで本稿では,サービス事業者が要求するソーシャル情報の種類と質に応じて適切に匿名化することで,提供情報の適切な匿名化と可能な限りの高精細化を目指し,一部の機能を設計,実装する.そして提案匿名化手法によるデータ歪曲度について評価,考察し,コミュニティセンシングシステムの有効性を明らかとする. 
(英) Today, many social services, in which each piece of social information is tightly coupled with each other, are widely spread. To promote such services, we propose the community sensing system, in which a representative service provider, called the community sensing service provider, gathers social information from users and provides it to other service providers. One big issue related to the community sensing system is about privacy. Therefore, we then propose an anonymity providing algorithm, which provides detailed information as much as possible. After we proposed our system and algorithm, we implement a prototype to show the validity of the proposed system and evaluate it based on the degree of distortion.
キーワード (和) ソーシャル情報 / コミュニティセンシング / k-匿名性 / 高精細化 / / / /  
(英) social information / community sensing / k-anonymity / high resolution / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-288, pp. 717-722, 2013年3月.
資料番号 NS2012-288 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-288

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソーシャル情報を用いたコミュニティセンシングシステムにおける提供情報の匿名化と高精細化の両立に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on Achieving Anonymity and High Resolution of Information in the Community Sensing System Using Social Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソーシャル情報 / social information  
キーワード(2)(和/英) コミュニティセンシング / community sensing  
キーワード(3)(和/英) k-匿名性 / k-anonymity  
キーワード(4)(和/英) 高精細化 / high resolution  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 洋佑 / Yosuke Hasegawa / ハセガワ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 勝吉 / Katsuyoshi Iida /
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-288 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.717-722 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会