電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 10:50
IP・OpenFlowハイブリッド環境における経路制御方式の検討
北田裕之小島久史高谷直樹松林泰則NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IPネットワークとOpenFlowによるネットワークが複数の経路で接続されるようなIP・OpenFlowハイブリッド環境において,リンク障害等で他方のネットワークへの経路が変更された場合,IPネットワークとOpenFlowネットワークは互いの経路情報を交換できるように設計されていないため,他方のネットワークでは接続経路の変更を検知できず,通信が途絶する可能性がある.
そこで本稿では,IP・OpenFlowハイブリッド環境において,双方の経路制御を連携させる方式を提案した.
提案方式により,一方のネットワークで経路変更が起こった場合でも,他方のネットワークが追従して経路制御を行い,双方のネットワーク間の通信を継続することが可能になることを示し,その有効性の評価を行った. 
(英) In the environment where the IP network and OpenFlow network are connected in multi-links, if routes to other network are changed by link failure, the other network cannot detect change of routing, and the connection will be disconnect, since OpenFlow is not designed to interpret IP routing protocol.
In this paper, we proposed a method to cooperate routing on both networks for IP/OpenFlow hybrid network.
The proposed method makes it possible to maintain connection between both networks by following routing on another network, if route changing was occurred on another network.
キーワード (和) OpenFlow / 経路制御 / / / / / /  
(英) OpenFlow / Routing / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-246, pp. 471-476, 2013年3月.
資料番号 NS2012-246 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IP・OpenFlowハイブリッド環境における経路制御方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on routing method for IP/OpenFlow hybrid network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(2)(和/英) 経路制御 / Routing  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北田 裕之 / Hiroyuki Kitada / キタダ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 久史 / Hisashi Kojima / コジマ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 直樹 / Naoki Takaya / タカヤ ナオキ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松林 泰則 / Yasunori Matsubayashi / マツバヤシ ヤスノリ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-246 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.471-476 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会