お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 13:20
都市環境を想定したシミュレーションによる車車間情報配信手法の性能評価
木下敦志曹 軻高木由美太田 能玉置 久神戸大NS2012-218
抄録 (和) 近年,VANET(Vehicular Ad-hoc NETwork)に関する研究が盛んにおこなわれており,情報配信のためのさまざまなフラッディング方式が提案されている.これらのフラッディング方式の性能評価においては,規模が小さかったり,見通し内通信であったり,車両移動のない静的モビリティであったりと,現実的でない仮定のもとでおこなわれていることが多い.そこで本研究では,シナリオにおけるモビリティの有無,建物によるシャドウィングの有無によって,代表的なフラッディング方式の性能がどのように変わるのかを,商用シミュレータ Scenargie によってシミュレーション評価した.シミュレーション結果から,モビリティの有無,建物によるシャドウィングの有無が,配信率特性や遅延特性に大きな影響を与えることを確認し,これらの要因を考慮すべきであることを明らかにした. 
(英) Recently, there have been an increase in research into VANETs (Vehicular Ad-hoc NETworks) communications, and various flooding schemes have been roposed for information dissemination in VANETs. These flooding protocols, however, were often evaluated under unrealistic conditions such as small-scale, line-of-sight, and static mobility environment. In this study, we evaluate how the performance of some well-known flooding schemes are affected according to whether vehicles are mobile or static and whether buildings exist or not. Simulation results show that these factors strongly affect the performance of flooding schemes.
キーワード (和) 車車間通信 / フラッディング / シャドウイング / モビリティ / / / /  
(英) Vehicular Ad-Hoc Networks / Flooding / Shadowing / Mobility / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-218, pp. 307-312, 2013年3月.
資料番号 NS2012-218 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-218

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 都市環境を想定したシミュレーションによる車車間情報配信手法の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of V2V Information Dissemination Schemes by Network Simulations Considering Urban Area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車車間通信 / Vehicular Ad-Hoc Networks  
キーワード(2)(和/英) フラッディング / Flooding  
キーワード(3)(和/英) シャドウイング / Shadowing  
キーワード(4)(和/英) モビリティ / Mobility  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 敦志 / Atsushi Kinoshita / キノシタ アツシ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 曹 軻 / Ke Cao / ソウ カ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 由美 / Yumi Takaki / タカキ ユミ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 能 / Chikara Ohta / オオタ チカラ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉置 久 / Hisashi Tamaki / タマキ ヒサシ
第5著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-218 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.307-312 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会