お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 09:40
能動的適応制御型待ち行列(AACQ)の評価 ~ 検知・制御パラメータ ~
山中慧太能上慎也東京理科大IN2012-194
抄録 (和) 待ち行列の特性については様々な研究がなされ,様々な条件を持つ待ち行列が考えられている.しかし,その待ち行列システムの多くは受動的な場合が多く,その特性は前もって定められ与えられた条件に対して後から観測され得られたデータから考察されている.本稿では,様々な客の条件や到着過程などの待ち行列の環境が時間とともに変動するような非定常な状態の場合においても,それに追随して常に最適な特性を提供できるように能動的かつ適応的に特性量を制御する待ち行列システム(AACQ: Actively, Adaptively controlled queuing)を提案しその効果の評価を行う. 
(英) Various studies are accomplished about the characteristic of the queue, and a queue with various conditions is thought about. However, most of queue systems are considered by the data which could be observed for the condition that the characteristic is established beforehand, and was given a lot of passive cases later. Queue system which control characteristic quantity actively and adaptively to follow it when it is in an unsteady state, and to provide the always most suitable characteristic that the environment of the queues such as a condition or the arrival process of various visitors fluctuates. I suggest such Queue system (AACQ: Actively, Adaptively controlled queuing) and evaluate the effect.
キーワード (和) 待ち行列 / AACQ / 適応制御 / シミュレーション / 能動的 / 平均待ち時間 / /  
(英) queue system / AACQ / adaptive control / simulation / Actively / mean waiting time / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-194, pp. 239-244, 2013年3月.
資料番号 IN2012-194 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-194

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 能動的適応制御型待ち行列(AACQ)の評価 
サブタイトル(和) 検知・制御パラメータ 
タイトル(英) Evaluation of Actively, Adaptively controlled queuing 
サブタイトル(英) Objective and Controlled parameter 
キーワード(1)(和/英) 待ち行列 / queue system  
キーワード(2)(和/英) AACQ / AACQ  
キーワード(3)(和/英) 適応制御 / adaptive control  
キーワード(4)(和/英) シミュレーション / simulation  
キーワード(5)(和/英) 能動的 / Actively  
キーワード(6)(和/英) 平均待ち時間 / mean waiting time  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 慧太 / Keita Yamanaka / ヤマナカ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 能上 慎也 / Shinya Nogami / ノガミ シンヤ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-194 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.239-244 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会