お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 13:40
他者のライフログからの類似した印象を持つイベント抽出法の検討
濱野和人阿部匡伸原 直藤岡大輔岡山大)・望月理香渡部智樹NTTLOIS2012-99
抄録 (和) 自身の経験を相手に伝えるとき,同様な印象を想起するような相手の過去の経験に置き換えて説明することで,理解を深められることがある.そこで本稿では,ライフログから伝え手と受け手が同様な印象を持つイベントを抽出する方法について検討した. まず,数種類の感情を提示して,被験者に幾つかのイベントを思い出させた.これらのイベントに対し,各イベントから想起される感情を項目ごとに数値化させて類似度を求める方法と,ディスカッションにより各イベントの類似度を決める方法とを比較した.その結果,ディスカッションによる方法による類似度の決定ではイベントに対する強い感情が主たる要因となっていることが明らかになった. 
(英) When we tell a story of our experience, we try to describe the story replacing our experience with other’s one that can recall a similar impression to help understanding of the story. In this paper, we study about an extraction method of a common sense of impressive event between people having different backgrounds and experiences. First, we showed several emotional words to the subjects and then asked them to recall the events matching the words. Using the recalled events, we compared two method for evaluate the similarity of the events; a method is based on quantification of the events by his/her emotion with five point scale, and the another one is based on decision the similarity of the event by discussion between two subjects. Experimental result suggested that the decision of the similarity by discussion is heavily affected by the strong emotion of the event.
キーワード (和) ライフログ / 経験 / 印象 / コミュニケーション / / / /  
(英) Lifelog / Experience / Impression / Communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 466, LOIS2012-99, pp. 173-178, 2013年3月.
資料番号 LOIS2012-99 
発行日 2013-02-28 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2012-99

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル 
開催地(英)  
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2013-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 他者のライフログからの類似した印象を持つイベント抽出法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of an event sampling process with the similar impression from the others' life log 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ライフログ / Lifelog  
キーワード(2)(和/英) 経験 / Experience  
キーワード(3)(和/英) 印象 / Impression  
キーワード(4)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱野 和人 / Kazuto Hamano / ハマノ カズト
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 匡伸 / Masanobu Abe / アベ マサノブ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 直 / Sunao Hara / ハラ スナオ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤岡 大輔 / Daisuke Fujioka / フジオカ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 理香 / Rika Mochizuki / モチヅキ リカ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 智樹 / Tomoki Watanabe / ワタナベ トモキ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2012-99 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会