お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 09:40
消費電力とデータ転送効率に基づく自律分散的に構成したクラスタの評価
濱本 亮高野知佐広島市大)・会田雅樹首都大東京)・石田賢治広島市大IN2012-179
抄録 (和) 端末同士が直接接続してネットワークを構成することができるアドホックネットワークは,震災などによって基地局や無線 LAN のアクセスポイントなどのネットワークインフラが破損したとしても,ネットワークを構成でき,速やかな通信の復旧を実現できる.また,アドホックネットワークにおいてクラスタを構成することにより,ノードの節電やネットワークの負荷分散を実現でき,震災時においてもネットワークの長寿命化を図ることができる.我々はこれまで近接作用に基づく自律分散構造形成技術を提案し,アドホックネットワークにおける自律分散的なクラスタ構成法への応用について検討してきた.この技術は,クラスタ構成時の消費電力量については評価されているが,クラスタリングに基づく階層ルーティングによりパケット転送を行う際の消費電力やデータ転送効率については評価されていない.本研究では,先ずアドホックネットワークにおける階層ルーティングの一種である Hi-TORA を自律分散的に構成したクラスタに適用する.次に,ノードの消費電力,ネットワークの生存時間,および,Hi-TORAを用いた時のデータ転送効率について,提案技術によるクラスタと,自律分散的なクラスタ構成法の一種である反応拡散方程式に基づく bio-inspired モデルで構成したクラスタと比較評価する. 
(英) Ad hoc networks, in which mobile terminals can connect each other directly and constitute a network without network infrastructures such as base station and access points of wireless LAN, can recover the network
fastly in disaster. We have proposed autonomous decentralized structure formation technology based on local-interaction as terminals’ action method, and moreover, have applied the proposed structure formation technology to the autonomous decentralized clustering method of ad hoc networks. This technology has been evaluated power consumption during cluster configuration. But it has not been evaluated the characteristics of the power consumptions and the packet transfer. In this paper, we compare the proposed clustering model with bio-inspired model that is
based on the reaction-di↵usion equation. As routing protocol we use the Hi-TORA algorithm which is a kind of clustering based routing in ad hoc network.
キーワード (和) 自律分散制御 / 近接作用 / アドホックネットワーク / クラスタリング / 自律的構造形成 / / /  
(英) autonomous decentralized control / local-action theory / ad hoc network / clustering / autonomous structure formation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-179, pp. 149-154, 2013年3月.
資料番号 IN2012-179 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-179

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 消費電力とデータ転送効率に基づく自律分散的に構成したクラスタの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Autonomously Created Cluster Structure Based on Power Consumption and Data Transfer Efficiency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自律分散制御 / autonomous decentralized control  
キーワード(2)(和/英) 近接作用 / local-action theory  
キーワード(3)(和/英) アドホックネットワーク / ad hoc network  
キーワード(4)(和/英) クラスタリング / clustering  
キーワード(5)(和/英) 自律的構造形成 / autonomous structure formation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱本 亮 / Ryo Hamamoto / ハマモト リョウ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 知佐 / Chisa Takano / タカノ チサ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 会田 雅樹 / Masaki Aida / アイダ マサキ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-179 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会