お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 11:30
結合振動子のカオスを利用した送信レート制御における隣接条件及びパラメタ設計
蛯名俊之介首都大東京)・高野知佐広島市大)・作元雄輔会田雅樹首都大東京IN2012-199
抄録 (和) 我々は,これまでTCPの複数フロー間のウインドウ制御が同期するいわゆるTCP同期問題を回避し,かつフローの公平性とスループットの向上を目指した送信レート制御として,結合振動子に現れるカオスを利用した技術を検討してきた.
本稿では,結合振動子における各振動子間の相互関係がスループットに影響する要素を特定し,スループット特性を向上させるための,結合振動子のパラメタ条件と隣接関係の条件を明らかにする. 
(英) Synchronizations of packet losses or window control actions of different flows cause TCP global synchronization problem. We have proposed transmission rate control by using chaotic nature appearing in coupled oscillators to solve the problem. Our control can avoid the synchronizations and achieve the fair utilization of network bandwidth and the improvement of throughput.
In this paper, we clarify the elements that the interaction of each oscillators in coupled oscillators affect on throughput . Additionally, we discuss parameter design and adjacency condition of the coupled oscillators, for better performance.
キーワード (和) 結合振動子 / カオス / TCP同期問題 / / / / /  
(英) coupled oscillators / chaos / TCP global synchronization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-199, pp. 269-274, 2013年3月.
資料番号 IN2012-199 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-199

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 結合振動子のカオスを利用した送信レート制御における隣接条件及びパラメタ設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parameter Design and Adjacency Condition of Coupled Oscillators for Chaos-based Transmission Rate Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 結合振動子 / coupled oscillators  
キーワード(2)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(3)(和/英) TCP同期問題 / TCP global synchronization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 蛯名 俊之介 / Shunnosuke Ebina / エビナ シュンノスケ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 知佐 / Chisa Takano / タカノ チサ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 作元 雄輔 / Yusuke Sakumoto / サクモト ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 会田 雅樹 / Masaki Aida / アイダ マサキ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-199 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.269-274 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会