お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 09:40
MDTにおけるQoEに基づくログ収集手法
泉川晴紀KDDI研)・安永隆一鯨井勝弘寺地重巡白井良和KDDIエンジニアリング)・小林 直杉山敬三KDDI研NS2012-227
抄録 (和) 筆者らは,セルラシステムなどの無線システムのカバレッジマップ/カバレッジホールマップを,受信信号強度や受信信号品質といった無線品質情報と位置情報とから構成される移動端末からの測定レポートにより構築する検討を行っており,3GPPにおいてもMDT(Minimization of Drive Tests)と呼ばれる同様の取り組みがなされている.それらの取り組みでは,受信信号強度や受信信号品質が所定閾値以下になる事象を測定レポートの生成トリガにすることを想定している.ここで,当該マップの用途としては,無線サービス品質向上を目的としたカバレッジ最適化や基地局増設等であると考えられるが,前述の受信信号強度や受信信号品質といった無線信号情報のみに基づいたレポートトリガでは,例えばトラヒック集中による通信品質低下を検出することが難しく,無線サービス品質向上に資する上で十分とは言えない.そこで,本稿では,利用されるアプリケーション毎のトラヒック利用状況(受信トラヒック量の変動や上り方向/下り方向のパケット数比率等)を移動端末内で学習し,当該学習結果を元に新たに発生したトラヒックの品質に対する良否を推定する手法を提案する.本手法に基づく測定レポートトリガにより,(無線品質は良好だが)いつもよりもレスポンスが遅い,といった主観的な通信品質(QoE; Quality of Experience)低下事象の検出が可能になることが期待される.提案手法を実装したスマートフォンの被験者利用に基づく予備評価の結果,QoE低下事象を75%の割合で検出できた. 
(英) We have been conducting research into the creation of a coverage map or a map of coverage holes for mobile access systems, such as cellular systems, by collecting coverage information that includes radio signal information and location information from mobile terminals. A similar study started in 3GPP, known as MDT (Minimization of Drive Tests). In such studies, poorer radio measurements than a pre-defined threshold are one of triggers to collect coverage information. However, it is not sufficient to collect this information based only on the radio measurements criteria since it would be hard to detect an event of quality degradation that is caused, for example, by mobile traffic congestion, which is also a target event that the coverage map should include and against which telecom operators take necessary measures such as certain parameter tunings at base stations and deployment of new base stations. In this paper, we propose a method in which a mobile terminal records traffic behavior, such as an increasing rate of received traffic volume and the ratio of downlink packets to uplink packets, per application used, and deduces the QoE (Quality of Experience) of a new communication session based on the recorded traffic behaviors. The information collection trigger based on the proposed method would enable operators to gather information in the event of user experience deterioration, for instance, slower web response than usual. We executed preliminary evaluations in which two research participants used smartphones where the proposed method was implemented, and found that the method correctly judged sessions of poor QoE as being of poor qualities in 75 percent probability.
キーワード (和) MDT (Minimization of Drive-Tests) / QoE / 体感品質 / / / / /  
(英) MDT (Minimization of Drive-Tests) / QoE / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-227, pp. 361-365, 2013年3月.
資料番号 NS2012-227 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-227

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) MDTにおけるQoEに基づくログ収集手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) QoE-based Log Collection in Minimization of Drive Tests 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MDT (Minimization of Drive-Tests) / MDT (Minimization of Drive-Tests)  
キーワード(2)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(3)(和/英) 体感品質 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉川 晴紀 / Haruki Izumikawa / イズミカワ ハルキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安永 隆一 / Ryuichi Yasunaga / ヤスナガ リュウイチ
第2著者 所属(和/英) KDDIエンジニアリング株式会社 (略称: KDDIエンジニアリング)
KDDI Engineering Corporation (略称: KDDI Engineering)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鯨井 勝弘 / Katsuhiro Kujirai / クジライ カツヒロ
第3著者 所属(和/英) KDDIエンジニアリング株式会社 (略称: KDDIエンジニアリング)
KDDI Engineering Corporation (略称: KDDI Engineering)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺地 重巡 / Shigeyuki Terachi / テラチ シゲユキ
第4著者 所属(和/英) KDDIエンジニアリング株式会社 (略称: KDDIエンジニアリング)
KDDI Engineering Corporation (略称: KDDI Engineering)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 良和 / Yoshikazu Shirai / シライ ヨシカズ
第5著者 所属(和/英) KDDIエンジニアリング株式会社 (略称: KDDIエンジニアリング)
KDDI Engineering Corporation (略称: KDDI Engineering)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 直 / Nao Kobayashi / コバヤシ ナオ
第6著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 敬三 / Keizo Sugiyama / スギヤマ ケイゾウ
第7著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-227 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.361-365 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会