お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 10:00
無線センサネットワークにおける画像転送のための動的タイムスロット割当て方式
長井亮介阪田史郎小室信喜千葉大IN2012-211
抄録 (和) 無線センサネットワークでは,今後防犯や防災を目的とした監視用のカメラを導入し,より迅速に正確な画像を収集する要求が高まっている.しかし,省電力を考慮したIEEE 802.15.4 ビーコンモードでは, 通信速度が250kbps と遅いため,通常よりも大容量のカメラの画像を扱う場合,パケット衝突が増加し遅延の増大や配信率の低
下が生じる.
本稿では,IEEE 802.15.4 ビーコンモードにおいて,平常時は省電力センサネットワークとして機能し,緊急イベント時にスリープ期間を利用して全画像データ分のタイムスロットを動的に割当て,データを受信したら随時シンクノードまでに送信する方式を提案する.シミュレーションによる評価を行い,提案方式の有効性を示す. 
(英) In wireless sensor networks (WSNs), the surveillance cameras for prevention of crimes and disasters have been deployed.
An increase in the packet collisions, however, causes an increase in delay and a decrease in the delivery ratio when emergency camera images which are larger capacity than usual are collected.
This is because communication speed of WSN is low, usually lower than 1Mbps, considering low energy consumption.
This paper proposes a new scheme which achieves the low latency in collecting image data in emergency for IEEE 802.15.4
beacon-enabled mode, which is a typical energy-efficient WSN protocol.
In this scheme, the network functions as an energy-efficient WSN in the normal period.
Time slots for image data collection are dynamically assigned using
sleep periods, and the image data is transmitted to the sink node as soon as image data is detected in the emergency
period.
Simulation results show that the proposed scheme is effective.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / TDMA / IEEE 802.15.4 ビーコンモード / カメラ / 遅延 / / /  
(英) Wireless Sensor Networks / TDMA / IEEE 802.15.4 Beacon Mode / Camera / Delay / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-211, pp. 341-346, 2013年3月.
資料番号 IN2012-211 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-211

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線センサネットワークにおける画像転送のための動的タイムスロット割当て方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Time Slot Assignment Scheme for Picture Transfer in Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) TDMA / TDMA  
キーワード(3)(和/英) IEEE 802.15.4 ビーコンモード / IEEE 802.15.4 Beacon Mode  
キーワード(4)(和/英) カメラ / Camera  
キーワード(5)(和/英) 遅延 / Delay  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長井 亮介 / Ryosuke Nagai / ナガイ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 史郎 / Shiro Sakata / サカタ シロウ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 信喜 / Nobuyoshi Komuro / コムロ ノブヨシ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-211 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.341-346 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会