お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 11:30
医療・健康データのセキュアな保存・検索方式 ~ Secure EHRの構築に向けて ~
真野拓也川原崎雅敏筑波大IN2012-175
抄録 (和) 個人の診療履歴を生涯にわたって蓄積する EHR(Electronic Health Record)の導入が 世界的に検討され、複数診療機関での患者情報の共有やヘルスケアに役立つ仕組みとして期待されているが、個人情報の漏洩や不正使用への不安が普及の障壁になっている。本人認証・属性認証によるアクセス制御だけではサーバ攻撃に対して機密性を保証できないため、情報を暗号化する必要があるが、検索や処理は非効率になる。そこで本稿では、Joshらによって提案された Patient Controlled Encryption(PCE)を実装し、EHR における実用可能性を調査する。PCEは患者情報にインデックスを付け、患者固有の鍵とカテゴリ名で暗号化し、カテゴリに対して資格を持つものだけに暗号鍵を配布することにより、カテゴリ内だけをインデックスで検索して情報を復号可能とする解決方法である。実際の利用場面に即して患者や医師が使いやすい運用方法を検討する。 
(英) The EHR (Electronic Health Record) that accumulates clinical history of individuals over a lifetime is being deployed globally and expected to help patients healthcare and sharing information among medical institutions. However, fear of unauthorized use or disclosure of personal information is becoming a barrier of diffusion. Only with personal authentication and attribute based access control, the confidentiality of patient information cannot be protected against server attack. The best way is to encrypt the information, but encryption makes data processing and search inefficient. To resolve this problem, we implement the Patient Controlled Encryption (PCE) as proposed by Josh et al. and validate its feasibility in EHR system. PCE gives index to patient information that is encrypted with a patient-specific key and the category name, and then distributes the encryption key to those that qualified for the category. By doing this, decoding the information becomes possible by searching the index only within the category.
キーワード (和) EHR / 暗号化 / 自己情報コントロール / / / / /  
(英) EHR / Encryption / Self-information control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-175, pp. 125-130, 2013年3月.
資料番号 IN2012-175 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-175

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 医療・健康データのセキュアな保存・検索方式 
サブタイトル(和) Secure EHRの構築に向けて 
タイトル(英) Secure search and preservation method of medical and health record 
サブタイトル(英) Toward the construction of secure EHR 
キーワード(1)(和/英) EHR / EHR  
キーワード(2)(和/英) 暗号化 / Encryption  
キーワード(3)(和/英) 自己情報コントロール / Self-information control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 真野 拓也 / Takuya Mano /
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原崎 雅敏 / Masatoshi Kawarasaki /
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-175 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.125-130 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会