お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 09:00
通信速度に対するユーザ体感品質に基づいた帯域割当方式の提案とその評価
菊地 徹三好 匠芝浦工大NS2012-191
抄録 (和) 従来,通信ネットワークの品質は,遅延時間や通信帯域といったサービス品質(QoS:Quality of service)により定義されてきた.一方,近年ではユーザが主観的に知覚・認知するユーザ体感品質(QoE:Quality of experience)が注目されている.QoEは,パケット損失,遅延時間,及び通信帯域といったQoSが等しい状況下でも,ユーザのおかれる状況や環境により変化する.そのため,ユーザの状況を考慮し,QoEの低下を抑えた帯域割当を行うことにより,通信事業者はより柔軟なネットワーク資源の活用が可能になり,全体としてユーザの満足度向上につながると考えられる.本稿では,ユーザのおかれた状態としてリラックス状態とビジー状態の2状態を仮定し,各ユーザの状態を考慮しながら割り当てる通信帯域を変化させることで,従来のQoS基準に代わる,QoE基準の新たな帯域割当を実現する方式を提案し,定量評価を行う. 
(英) Network quality has been measured by QoS (Quality of service), which is based on physical metrics such as network delay and bandwidth. On the other hand, QoE (Quality of experience), which is another metric for the network quality measurement and defined by users' subjective feeling or perception, attracts more and more attentions recently.
However, the QoE value dynamically changes depending on users' situation and environment even if the same QoS is provided to the users.
This paper proposes a QoE-centric bandwidth allocation method considering users' situation to achieve flexible network resource utilization. The effectiveness of the proposed method is also clarified by numerical analysis.
キーワード (和) ネットワークサービス品質 / ユーザ体感品質 / ユーザ状態 / 帯域制御 / / / /  
(英) Quality of service / Quality of experience / Users' situation / Bandwidth control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-191, pp. 151-156, 2013年3月.
資料番号 NS2012-191 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-191

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信速度に対するユーザ体感品質に基づいた帯域割当方式の提案とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bandwidth Allocation Method Considering Users' QoE of Communication Speed and Its Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークサービス品質 / Quality of service  
キーワード(2)(和/英) ユーザ体感品質 / Quality of experience  
キーワード(3)(和/英) ユーザ状態 / Users' situation  
キーワード(4)(和/英) 帯域制御 / Bandwidth control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊地 徹 / Toru Kikuchi / キクチ トオル
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-191 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.151-156 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会