電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 10:50
Comparative study of financial and voting-based reputation systems -- Experiment on feasibility of financial metric using eCommerce data sets --
Marat VyshegorodtsevDaisuke MiyamotoYasushi WakaharaUniv. of TokyoIN2012-173
抄録 (和) 評判スコアシステムは、P2P ネットワークにおける信用の実現において重要な役割を果たす。そのよ うなスコア計算では、ピアによるフィードバックや統計的推測結果が計量指標として通常利用される。しかし、こ れらの指標には、Sybil 攻撃に弱いというセキュリティ面の基本問題があり、その適切さはユーザ自身が直接判断す る必要がある。そこで、本論文では、この基本問題を解決するため、各ピアの財務面での実績値である総収入に基 づく新しい指標を提案する。そして、投票によるフィードバックとの比較を行う。 
(英) The reputation scoring systems play an important role in providing trust in peer-to-peer networks. Peer feedbacks and stochastic observations are the usual metrics used for the reputation score calculation. However, such metrics are fundamentally not secure against Sybil attacks and require direct discretion of the user. We propose a new metric based on the financial performance of peers indicated by the gross income parameter in order to solve this fundamental problem. In this paper, we compare this proposed metric with the regular voting-based peer feedbacks.
キーワード (和) 財務面の評判 / 信用 / P2P / / / / /  
(英) financial reputation / trust / peer-to-peer / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-173, pp. 113-118, 2013年3月.
資料番号 IN2012-173 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-173

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparative study of financial and voting-based reputation systems 
サブタイトル(英) Experiment on feasibility of financial metric using eCommerce data sets 
キーワード(1)(和/英) 財務面の評判 / financial reputation  
キーワード(2)(和/英) 信用 / trust  
キーワード(3)(和/英) P2P / peer-to-peer  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ヴィシェゴロデツェフ マラット / Marat Vyshegorodtsev / ヴィシェゴロデツェフ マラット
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 大輔 / Daisuke Miyamoto / ミヤモト ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若原 恭 / Yasushi Wakahara / ワカハラ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-173 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会